会社に行けない・精神的に仕事を休みたい人だけに送る救済法を徹底解説

会社に行けない・精神的に仕事を休みたい人だけに送る救済法を徹底解説

「会社に行くのが辛いけど会社を休むわけにはいかない」と辛い思いをしながら毎朝起きていませんか?

誰だって会社に行くことは我慢しているから、自分も頑張らないといけないと思ってしまいますよね。

結論から言うと、会社に行くのが辛いと感じたなら会社にいく必要はありません。いますぐ対策をするべきです。

この記事では、

  1. 会社に行くのが辛いと感じる原因
  2. 会社に行けなくてもやってはいけない行動
  3. 会社に行きたくないときの対処法

についてご紹介します。

会社に行かないことも、退職することも、あなたが考えているよりもずっと簡単です。ぜひ、最後までご覧ください。

会社に行けないのは甘えではない!心の健康を優先しよう

会社が辛くて行けないことは甘えではありません。むしろ辛いにも関わらず無理して会社に出勤することは、心の健康を害する行為です。

あなたは会社に行きたくないと思ってしまった自分を責めていますが、ほとんどの場合は会社や上司に問題があります。

会社は労働者を安全に働かせる義務があります。そのような中であなたが心も健康に働けない環境なわけですから、行きたくないと思うのは悪いことではありません。

あなた自身は自分の心と体を最優先した行動をとりましょう。そして会社に行きたくない気持ちを甘えだと思わずに、行きたくない原因を対処しましょう。

会社に行けないほど辛いと感じる7個の理由

会社に行けないほど辛いと感じる理由は、以下の理由が挙げられます。

  1. 人間関係が最悪
  2. 仕事がつまらない
  3. パワハラがきつい
  4. ミスをして気まずい
  5. 働くこと自体が嫌
  6. 給料が低い
  7. 残業が多い

あなたも上記の理由に当てはまるものはありませんか。辛い状況を対処するためには、まず原因を知ることが大切です。

それでは、会社が辛い原因を以下でご覧ください。

1. 人間関係が最悪

人間関係が最悪だと会社に行くことが辛くなります。以下の例に該当する職場は人間関係が最悪といえます。

  • 上司や同僚に話しかけても自分にだけ対応が違う気がする
  • 悪口や陰口を言っている人が多く、自分も言われているかもしれない
  • 社内で派閥があり、派閥に所属していないといじめのターゲットにされる

最悪な人間関係も努力によって克服できるかも知れませんが、必ず環境が改善されるとは限りません。自分の力だけで環境を変えようとしても消耗するだけです。

その結果、人間関係に悩まされて会社に行きたくないと思ってしまいます。

2. 仕事がつまらない

会社に行きたくない原因として、仕事がつまらないと感じている可能性があります。仕事には向き不向きがあり、向いてない仕事を続けている場合は苦痛に感じるでしょう。

そしてその数ある仕事は適任者がこなしていないと辛いと感じます。仕事の種類は以下のとおりです。

  • 1日中パソコンの前で作業を続ける仕事
  • 初対面の人と毎日コミュニケーションを取る接客の仕事
  • 毎日決められたルーティンをこなす工場での仕事

例えば、工場の軽作業を「単純労働の繰り返しで気が狂いそう」と思うか「コツコツと続けられるのでラク」と思うかは人それぞれです。

社内で決められた面倒な事務作業を疑問も抱えず淡々とこなす人もいれば「こんな面倒なこと、やってられない」とストレスを感じる人もいるでしょう。

あなたに課せられた仕事の「難易度」と「作業量」にバランスが取れてはじめて、仕事が面白いと感じます。会社に行くのが辛いと感じているなら、仕事のバランスが取れておらず仕事がつまらないと感じているはずです。

3. パワハラがきつい

あなたの上司が暴力を振るう場合や暴言を吐いてくる場合は、いますぐ会社からいなくなりたいと思うはずです。

極端な暴力や暴言は自分がターゲットではなくても、その場に居合わせているだけで、パワハラの被害にあっている場合もあります。上司からの暴言・暴力は被害にあった本人だけでなく、あえて見せしめのためにその場に居合わせる全員の心を萎縮させようとしている可能性もあるからです。

またパワハラには暴力・暴言などの極端なケースだけでなく、陰湿な「隠れパワハラ」といったケースもあります。陰口や無視、極端な侮辱や皮肉によってストレスを与えてくるパワハラです。

パワハラで辛くなる例として以下があります。

  • 挨拶をしても無視をする
  • 「あいつを採用したのは間違いだった」と周囲に広める
  • 「あいつの仕事ができないのは○○だからだ」とプライベートを指摘する

もし、あなたが上司からのパワハラを理由に会社に行きたくなければ、それはあなたの問題ではなく上司を含め会社の問題です。

あまりにも不当な対応を受けていると感じるのなら、弁護士に相談してみることも視野に入れましょう。退職関係に強い弁護士については「弁護士の退職代行を徹底解説!おすすめの弁護士事務所5選も紹介」の記事で確認できます。

4. ミスをして気まずい

会社でミスをすると会社に行きたくなくなるものです。

自分のせいで周りに迷惑をかけてしまうと責任を感じてその場から逃げ出したくなるはずです。

大きなミスだと、その対処に追われたり会社に損出が出るとさらに落ち込みます。ミスによっては減給などの処罰を受ける可能性もあるでしょう。

誰にでもミスはあることですが、いざ自分がミスをしてしまうと翌日から迷惑をかけた会社の仲間に顔を合わせにくくて会社に行きたくないと感じてしまう人もいるでしょう。

5. 働くこと自体が嫌

そもそも働くこと自体が嫌な人は、毎日苦痛を感じながら会社に行っているでしょう。

「働きたくない」と考えることはよくある考えではあります。誰だって働かずに生活できるのなら、その方が良いでしょう。

さらに、一生懸命頑張ったにも関わらず成果がでないとやる気もなくなります。いまの会社が本当に自分に合っているかどうかも疑わしく思ってしまうでしょう。

働きたくないけど仕方なく働いている理由は以下のとおりです。

  • 働かないと生活ができない
  • いまの会社を辞めても結局は同じ
  • 楽しく働くことは無理だから現状維持でいい

嫌々でも働かないと行けないから会社に行っているという状態です。こんな状態では毎日辛いまま会社にいっています。

6. 給料が低い

どれだけ頑張って働いても給料が低いと仕事へのモチベーションが下がり、会社に行く気力は失せてしまいます。

あなたは自分の生活のため、趣味のために働いているがそれを楽しめるだけの給料がもらえないと、一体なんのために働いているのかわからなくなります。生活がギリギリの給料しか与えられないと会社のためだけに生きているように感じるはずです。

欲しいものや行きたい場所は沢山あっても、それらを我慢しながら毎日の辛い労働に耐えていては仕事へのモチベーションはあっという間に下がります。

しかも、会社の業績は伸びているにも関わらず給料がまったく変わらないと、会社への不信感も出てくるでしょう。

低すぎる給料のまま、頑張り続けるのは限界があります。会社に行きたくないと考えるのも、無理はありません。

7. 残業が多すぎて会社に行きたくない

会社に行きたくない原因として残業が多すぎる問題があります。あなたも一刻も早く家に帰りたいと感じているでしょう。

しかし、会社は人件費削減するために余分な人員を採用しようとは考えていません。また、資金不足で人を増やしたくても増やせない会社もあるでしょう。

あなたがどんなに仕事を早くこなしても、業務時間内に終わらない仕事以上の仕事を永遠に振られることになります。そういう会社である以上今後も変わることはないと思ったほうがいいでしょう。

手があいていれば本来やるべき業務のほかにも、掃除から電話の取り次ぎ、雑用に至るまであらゆる業務を任される可能性もあります。

寝るためだけに家に帰る日が続き、前日の疲れが回復する前に朝が来ます。あなたはそれに耐えられず会社に行きたくないと感じるはずです。

会社に行けないほど辛くてもやってはいけない3つの行動

あなたがどうしても会社に行きたくなくても、やってはいけない行動が3つあります。

  1. バックレる
  2. 勢いで退職する
  3. 我慢する

会社に行くのが辛くても、上記の行動はリスクが大きく余計辛い状況になる可能性があります。

以下で詳しい理由をご覧ください。

1. バックレる

会社に行きたくなくても、バックレるのはやめましょう。

なぜなら会社をバックレた後のリスクが大きいからです。会社をバックレても上司から電話が来たり、場合によっては家まで押しかけてくることもあります。

あなたにとってそれはプレッシャーになりますし、さらに会社に行きづらくなります。

また、会社の就業規則によっては懲戒解雇になる可能性もあるため注意しましょう。懲戒解雇について内容が知りたい方は「懲戒解雇ってなに? 辞職との違いと不当解雇への対処方法を解説します!」で詳しく解説しています。

突発的に行きたくない場合もバックレるのはやめましょう。

2. 勢いで退職する

辛い気持ちが最大まで溜まったときでも、勢いで退職するのはやめましょう。準備をせずに退職すると転職時に大変です。

前提として、退職することは労働者の権利であるため悪いことではありません。

しかし、退職にはさまざまな手続きが必要です。いきなり退職を宣言するとその手続が終わらないまま会社との連絡が途絶えてしまいます。

  • 有給消化
  • 最後の給料支払い
  • 社会保険や年金の申請
  • 離職票の受取

転職を考えている場合や失業保険をもらおうとしている場合は、必要な書類も会社からもらえない場合もあります。

仕事を辞めたいと思ってもいきなり退職ではなく正しい手順を踏みましょう。いますぐ仕事を辞めたい人は、まずは「今すぐ仕事を辞めたい!と感情が高まったら、まずやってみることがある」の記事を読んでみてください。

3. 我慢する

バックレることもいきなり退職することも良くないですが、それを我慢し続けるのはやめましょう。それほど辛い会社なら我慢をせずに正しい手続きを踏んでいますぐ退職するべきです。

我慢して会社に出勤し続けると、ストレスでうつ病になる可能性もあります。

うつ病になれば治りも遅くなり転職活動にも支障が出ます。精神的に追い詰められる前に退職するようにしましょう。

「自分が我慢するだけで収まるんだ」と思わないでください。それはストレスで病気にかかる可能性があります。

会社に行けないほど辛いときに試してほしい5つの対処法

会社に行くのが辛くなったときは以下の5つを試してみましょう。

  1. 思い切って休む
  2. 上司や同僚に相談する
  3. 生活習慣を変える
  4. 辛い原因と向き合う
  5. 退職する

どの対処法を実践しても確実にあなたの気持ちを楽にしてくれます。

簡単に始められるものから実践してみましょう。それでは詳しくご紹介します。

1. 思い切って休む

辛くてどうしようもないときは思い切って会社を休むことも重要です。

あなたが会社が辛くて行きたくない気持ちは会社にいる時間を短くすることで解消されます。

また、数日時間を空けることで思考が冷静になり、辛い原因がわかるでしょう。

辛い原因を明確にするためにも、一度会社を休みましょう。

2. 上司や同僚に相談する

信頼できる上司や同僚に相談することもいいでしょう。

人は誰かに話すだけで気持ちが楽になるからです。また会社の人に話すことによって、その上司や同僚が解決の糸口を探してくれる可能性もあります。

  • 人間関係が悪い →部署異動
  • 仕事がつまらない→プロジェクトの変更、部署異動
  • 残業が多い   →上司に仕事の振り方を変えてもらう

あなたがアクションを起こせば周りは助けてくれるはずです。

相談できる人に話して協力してもらいましょう。

3. 生活習慣を変える

仕事が辛いときは生活習慣を変えると良くなる可能性があります。

人は生活習慣が正されて体内リズムが整うと、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌されるからです。
セロトニンが分泌されるほど、前向きに物事を考えやすくなります。つまり、
生活習慣を整えることはマイナス思考を軽減することにつながります。

生活習慣を整える具体的な方法は以下のとおりです。

  • 同じ時間に起きる
  • 睡眠時間を確保する
  • 適度に日光を浴びる
  • 食事をしっかり取る
  • ランニングや散歩などの適度な運動をする

すべて実践することが難しければ、まずはひとつから実践してみましょう。

4. 辛い原因と向き合う

あなたが「会社に行くのが辛い」と感じる原因と向き合うことも大切です。

原因と向き合うことで解決策がわかります。原因から逃げているといつまで経っても、その原因が辛くて会社に行きたくない状態が続きます。

例えば毎日上司から怒られることが辛いとき、その原因を放置しているといつまで経っても上司に怒られ続けるままです。怒られる原因と向き合うことで「機嫌の悪いときに話しかけるのはやめよう」や「会議資料の準備は前もってしておくべきだ」などと、解決策が出ます。

原因と向き合うこと自体も辛いですが、ひとりで解決したいと思うなら原因と向き合いましょう。

5. 退職する

あなたが会社に行けないほど辛い場合は、退職することもおすすめします。

退職はあなたが抱えている問題をすべて解決してくれるからです。

  • 給料が低い
  • 残業が多い
  • 人間関係が悪い
  • 仕事がつまらない

上記の悩みをひとつですべて解決してくれます。

あなたが仕事がつまらなく感じる理由として、上司に問題がある場合もあります。残業が多いことも上司のマネジメント不足であり、人間関係が悪いもの上司の管理不足です。

あなたが悪くない場合が多いです。しかし、その環境が悪いと思っているあなたが環境ごと変えるのは難しいでしょう。したがってあなた自身が変わる必要があります。

また、辛い環境を我慢しすぎてうつ病にならないためにも、病気が発症する前に原因となる場所から立ち去ることが重要です。

あなたがもし複数の理由で「会社に行けないほど辛い」と感じているなら退職を検討しましょう。

退職は悪じゃない!約3人に1人は3年以内に仕事を辞めている

参考:新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者の状況)
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00003.html

どんな理由であれ退職すること自体は悪いことではありません。退職は労働者の権利であり退職する理由は人それぞれです。

厚生労働省が発表しているデータによれば、卒業後に入社した会社を3年以内に辞める大卒社員は約30%、高卒社員は約40%とされています。

また、毎年発表されている平均離職率は例年15%前後を推移しており、2〜3人に1人は退職を経験しているといっても過言ではありません。また、アメリカ人は生涯に11回ほど転職するといわれています。

自分にあった職場かどうかは3年どころか3ヶ月以内でわかります。

「一度入社した会社をすぐ辞めるなんて、みっともない」などと親や友達は言う可能性はありますが、古い価値観に縛られる必要はありません。その職場で働くのは親や友達ではなく当事者のあなた自身です。

世間では大半の人が退職を経験しているにも関わらず、他人の価値観を受け入れて退職を我慢するのはやめましょう。

退職することに罪悪感をもつ必要はありません。むしろ、無理して会社に行って体調を崩す方が、あなたの人生にとって良くないことです。

お金より身体が優先。失業保険をもらいながら転職活動もできる

会社を辞めようとしても明日からの生活が心配ですよね。日本には失業保険という制度があるため、条件さえ満たせば退職後の一定期間は給付金が支給されます。

あなたも給付金を得るために、毎月の給料から天引きされて雇用保険を支払ってきたのです。

したがってあなたも失業保険を利用することができます。近くのハローワークで手続きを開始し一定条件を満たせば誰でも給付金を受けられます。

日本では仕事がなくなってもお金の問題はどうにかなります。むしろ、どうにもならないのは健康面です。健康は一度失ってしまうと取り戻そうとするだけで、お金も時間もかかります。

無理をして会社に行ってお金を得て心身の健康を損なうくらいならば、失業保険を利用して給付金を得ながら心身の健康を維持しましょう。

うつ病の危険も|吐き気・死にたいと感じたらいますぐ退職しよう

会社のことを考えただけで吐き気がするときや死にたいと感じたなら、いますぐに会社を退職しましょう。あなたは次のような、体調の変化を感じたことはありませんか?

  • 喉につまりを感じる
  • 吐き気を感じたり、心臓がドキドキしたりする
  • 走っている車に飛び込みたい衝動にかられた
  • 通勤中に駅のホームで一瞬でも電車に飛び込みたい思ったことがある

もし、少しでも心当たりがあるならば、あなたはうつ病予備軍といえるでしょう。とても危険な状態であるため、いますぐ退職をおすすめします。

朝起きて会社に行き、日中は働いて夜になったら帰る毎日を続けているだけの生活で「死にたい」と考えてしまうことは異常です。また、熱がなくても原因不明の吐き気や怠さといった身体の不調を感じているならば、それは身体からの自己防衛のサインです。

会社は休まずに毎日出勤することが美徳とされていますが、そのような常識に縛られて身体を壊してしまうなど、本当に自ら命を経ってしまうのは本末転倒です。

身体からのサインを見逃さずに、いますぐに退職しましょう。

【TVでも話題】退職代行を使えばいますぐ会社を辞められる

いますぐ会社を退職したい人には退職代行がおすすめです。

退職代行とは本人に代わって業者が退職の意思を伝えてくれるサービスです。退職代行は以下のメリットがあります。

  • 依頼して即日退職できる
  • 上司に一切顔を合わせずに辞められる
  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK

メディアに取り上げられているため、名前を聞いたことがある人は多いでしょう。

以下では、おすすめの退職代行を3つ紹介します。

  1. 【弁護士監修】退職代行Jobs
  2. 【業界最安値】退職代行SARABA
  3. 【退職は無料】転職支援リスタート

それではおすすめの退職代行の詳細をご覧ください。

1. 【弁護士監修】退職代行Jobs

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

2. 【業界最安値】退職代行SARABA

料金 25,000円
対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の25,000円
  • 行政書士監修の退職届が貰える

3. 【退職は無料】転職支援リスタート

対応時間 24時間365日対応
料金 無料
転職支援 あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいところ。

「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援をおこなってもらえるので、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです。

 

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。