「生命保険営業、辞めてよかった」保険営業を辞めたい人に伝えたい4つの対処法

「生命保険営業、辞めてよかった」保険営業を辞めたい人に伝えたい4つの対処法

「生命保険の営業は辛いから辞めたい」と悩んでいませんか。達成が難しいノルマがあるうえに、土日は当たり前で出勤して休む間もなく働き続ける生命保険営業は辛いですよね。

結論から言うと、生命保険営業を辞めるだけで仕事のストレスから解放されて、休日は趣味を楽しめるほどの気持ちの余裕ができます。

この記事では、生命保険営業を辛いと思いながら辞められずにいる方に向けて、

  • 生命保険営業の辞めたいほど辛い事実
  • 生命保険営業を辞めたときのメリット
  • 生命保険営業を簡単に辞める方法

を解説します。

この記事を読めば、ルマに追われる毎日から解放されるための方法がわかります。

1日でも早く生命保険営業を辞められたらいいのにと思っている方は、ぜひご覧ください。

生命保険営業の辞めたくなるほど辛い7つの事実

生命保険営業を辞めたいと思う人は、以下の7つの項目を辛いと感じています。

  1. ノルマが厳しすぎる
  2. 顧客の対応が冷たい
  3. 仕事の割に給料が低い
  4. 福利厚生がひどい
  5. サービス残業が多い
  6. 休日出勤が当たり前
  7. 保険解約のペナルティが厳しい

それでは、以下で詳しい内容をご覧ください。

1. ノルマが厳しすぎる

生命保険営業はノルマが厳しい会社が多いです。

なぜなら、生命保険は契約を取るのが難しいため、ノルマを厳しくしないと社員が努力しません。また、保険の性質上、事故や病気などのリスクがない年齢層には保険の必要性を感じてもらいにくいため、さらに契約は難しいです。

しかし、保険会社は契約が取れないと会社の売上が立たないため、あなたが新人だとしても容赦なくノルマを与えてきます。

売り上げを優先する会社の場合は、社員に厳しいノルマを与えて休日出勤を強要してくるでしょう。

2. 顧客の反応が冷たい

生命保険の営業と聞くだけで、顧客の反応が冷たくなります。

保険全般は世間からのイメージでは「騙されるかも」という印象が強いです。とくに、個人向けに営業をしていると余計煙たがられるでしょう。

生命保険はなにかあったときには「あってよかった」と思えますが、健康な人からすると必要性を感じにくいです。そのため生命保険営業と聞くだけで門前払いされることもあります。

あなたが生命保険営業に誇りを持って仕事をしていても、世間からは嫌われる仕事をしていると思うと「なんのために人から嫌われる仕事をしているんだろう」とネガティブな気持ちになるでしょう。

3. 仕事の割に給料が低い

生命保険営業の給料形態のほとんどが歩合制であるため、契約が取れなければどれだけ働いても給料が低いです。

表面上は「ノルマ無し」という会社でも、歩合制であれば契約を取れない月は最低限の生活が成り立たないほどの給料になります。

一部の優秀な社員だけは稼げますが、営業のスキルがあるからです。生命保険営業は契約を取るのが難しい分、報酬の単価が高く設定されています。

もし運良く契約をたくさん取れた月があったとしても、その給料を安定させることは難しいでしょう。

頑張っても契約が取れない月があれば、精神的にも不安定になります。

4. 福利厚生がひどい

一部の生命保険営業では、福利厚生がひどいことがあります。福利厚生がひどい会社は、普通であれば経費として会社支給してくれることでも自己負担です。

例えば、生命保険営業では以下の物は自己負担の可能性があります。

  • 営業先への交通費や駐車場代
  • 顧客へ渡すお菓子やカレンダー
  • 提案書を印刷する際のコピー代
  • 付箋やボールペンなどの備品
  • ノートパソコンや携帯電話のレンタル代

移動して人と会うことが仕事の営業職ですが、交通費が出ない会社だと営業する気になれないですよね。交通費が出ない会社で営業先にいったのに契約が取れないと、交通費をムダにした感覚にもなります。

5. サービス残業が多い

サービス残業が多い生命保険営業の会社があるのも事実です。

営業職は顧客の仕事終わりにアポイントメントを取れることが多く、どうしても帰宅が遅くなります。18時から営業を開始すると、帰宅時間は21時を回ることも多いです。

残業代が出るならこの時間で月5万円〜10万円ほど貰える計算になりますが「生命保険営業ではそれが普通のことだ」と押し切られて、残業代を払ってもらえない会社もあります。

また、会社によっては「残業代は営業手当に含まれる」と伝えられることもあるでしょう。
しかし「営業手当の金額」より「残業代として支払われるはずの金額」が多い場合は、その差額の残業代をもらう権利はあります。

上記の場合もサービス残業していることになります。あなたが知らないだけでもらえるはずの残業代をもらわずにサービス残業をしている可能性もあるでしょう。

6. 休日出勤が当たり前

生命保険営業は、顧客の都合に合わせて休日出勤することがあります。生命保険営業はそもそも話を聞いてくれる人が少ないため、成果を出すためには顧客に合わせて動くしかありません。

しかし、ブラックな会社には「自分のノルマのために自主的に休日出勤している」とみなされるため、休日に働いても代休や残業代をもらえないことが多いです。

最終的には休日出勤を続けると、休む暇なく働いていると体力も回復せず、精神的にも成果を出さないといけないストレスに追われてしまいます。

7. 保険解約のペナルティが厳しい

もし自分で契約を取った顧客が保険を解約した場合、ペナルティがあります。

厳しいペナルティの事例として、契約して2年以内に解約されてしまった場合ボーナスが10%カットされるという会社もあります。保険会社によって内容は違いますが、ボーナス10%カットはペナルティが厳しいです。

したがって継続して生命保険を契約し続けてもらわない限り、ペナルティで減給されます。

生命保険という性質上、とくに理由がない限り契約解除されることは少ないですが、保険の見直しをされると解約されることもあります。

生命保険営業を辞めて得られる7つのメリット

生命保険営業を辞めて良かったという人が感じるメリットは、以下の7つが挙げられます。

  1. ノルマから解放される
  2. 休日に休めるようになる
  3. 収入が安定する
  4. テレアポや飛び込みがなくなる
  5. クレームから解放される
  6. 罪悪感から解放される
  7. 人間関係から解放される

生命保険営業を辞めるだけで得られるメリットはたくさんあります。

以下では、辞めたときのメリットを細かく解説しました。

1. ノルマから解放される

あなたがノルマのことを考えて夜も眠れなかったストレスから解放されます。

生命保険営業は「怪しい」というイメージだけで話をきてくれない人が多いため、契約を取るのが難しいです。そのうえでノルマが厳しい会社が多いため、休日もノルマのことで頭がいっぱいのはずです。

しかし、ノルマから解放されれば、顧客に合わせて遅い時間に出勤することや休日出勤することはなくなります。定時退社ができる日もくるでしょう。

生命保険営業を辞めるだけでノルマに追われる精神的ストレスから解放されます。

2. 休日に休めるようになる

当たり前に感じていた休日出勤はなくなります。

会社員なら休日に休むという行為は普通のことです。しかし、ルマが達成できていないと上司の目が気になって休日も出勤しないといけない雰囲気になります。

生命保険営業を辞めればノルマに追われることも、上司から休日に働くよう圧力をかけられません。休日は仕事のことを忘れてリフレッシュできます。

健康的に働くためには、休日にきちんと休めることは重要です。

3. 収入が安定する

歩合制の給料システムである生命保険営業を辞めて、一般的な会社に就職できれば、毎月安定した給料を保証してもらえます。

営業職は歩合制が多いため、契約が取れた分だけ給料が上がるのはメリットにも聞こえますが、その分基本給が安いです。契約が取れない月は娯楽や貯金に回す給料はないでしょう。

ほかの営業と違って生命保険営業は契約に対する報酬の単価が高いため、ノルマが達成できない月の給料は極端に下がります。

しかし、固定給の会社に勤めれば、最低限の給料を会社に保証されるでしょう。

最低限の給料が保証されていれば精神的な余裕が生まれて、健康的な生活を送れるようになります。

4. テレアポや飛び込みがなくなる

テレアポや飛び込み営業で断られる精神的ストレスから解放されます。

営業職は断られることを前提として、とにかく数をこなすことは重要ですよね。しかし、いくら仕事といっても毎回断られると気持ちがネガティブになります。

とくに、生命保険はほかの商品と比べて健康に過ごしている間は必要性を感じにくいため、営業をしても煙たがられることが多いです。

同じ営業職でも、別の商品を扱うだけで営業スタイルが変わります。

5. クレームから解放される

生命保険営業を辞めればそのクレームの毎日から解放されます。営業の仕事をしていたはずなのに、気づけばクレーム対応しかしていない時期はありませんでしたか。

生命保険営業には、以下のようなクレームが届きます。

  • 医療保険で給付金が出ない
  • 外貨建てで売ったため為替変動の影響を受けた
  • 若者に保険を売ったため、親からクレームを受ける

仕事を辞めることで、クレーム対応で精神をすり減らすストレスから解放されます。

6. 罪悪感から解放される

いらないものを売っているという罪悪感から解放されます。生命保険には以下の性質があるため、すべての人に必要という商品ではありません。

  • 死亡保険:死亡リスクが少ない
  • 医療保険:高額医療費制度で代用可能
  • 積立保険:投資や積立NISA、iDeCoでも代用可能

しかし、あなたは自分の生活やノルマがあり保険を売る必要があるため、多少話を大げさにしてでも多くの人に保険を売っていることもあるでしょう。

保険会社は、契約した被保険者に保険料を払わない方が儲かる仕組みになっています。つまり、本来は保険を必要としない人に売る方が儲かる仕組みです。

「本当は入らなくてもいいのに」と思いながら保険を売るのを辞めて、自分が自信を持っておすすめできる商品を売り込みましょう。

7. 人間関係から解放される

営業職を辞めれば、嫌な人とは付き合う必要がなくなります。

営業職は人とのつながりが大切なため、どんな人とでも仲良くしないといけないプレッシャーがあります。

とくに、初めて会う人にはこの人には保険が売れるかもしれない」と期待をして、無理に仲良くしようとするはずです。

生命保険営業を辞めれば、あなたが好きな人とだけ付き合えます。人間関係のストレスから解放されるためには生命保険営業を辞めましょう。

生命保険営業を辞めたい人向けの4つの対処法

生命保険営業が辛いと感じている方に、対処法を4つご紹介します。

  1. 異動願いを出す
  2. 転職する
  3. 休職する
  4. 退職する

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 異動願いを出す

もし営業という仕事自体が辛い場合は、部署異動を会社に依頼しましょう。辛いなりにある程度頑張って成果を出してきた場合は聞き入れてくれる可能性が高いです。

他部署に社内公募があれば「以前から行きたかった」と前向きな理由をつけて応募しましょう。タイミングよく公募がなければ、まずは上司に異動希望を伝えることもおすすめです。

しかし、せっかく異動はできても希望の部署にいけない可能性はあります。異動の話自体も「考えておくよ」と上司に言われてそのまま放置されることも考えられます。

とはいえ、希望を出さなければ始まりません。いまの会社自体は好きならば、まずは異動の相談をするのがおすすめです。

2. 転職する

営業は嫌いではなくても、いまの会社が嫌なら転職をしましょう。保険以外の営業をすれば解決する悩みもあります。

  • 顧客から煙たがられるのが辛い
  • 知り合いに商品を売るのは罪悪感がある

上記の苦しさは、売る商品が変われば解決します。相手に合わせて提案するスキルやビジネスマナーは営業職に必須であるため、いまの営業経験も無駄にはなりません。

しかし、仕事を続けながら転職活動をすることは大変です。転職活動は平日におこなわれることがほとんどで、有給を利用したり業務時間を上手くやりくりしたりする必要があるからです。

転職には時間がかかるため、なるべく早めに動き出すようにしましょう。

3. 休職する

「会社にすら行きたくない」という方は、休職することをおすすめします。転職を考えている場合も、きつい仕事と並行するにはかなりのエネルギーが必要です。

一度ゆっくり立て直してから今後を考える方が、冷静な判断もできます。生命保険の営業は精神的な負担も大きいため、精神的に余裕がないなら一度離れましょう。

休職をすると給料面が不安になる方が多いですが、休職期間中は条件を満たせば「休業補償給付」という手当がもらえます。年齢や労働条件にもよりますが、支給金額は基本給の80%程度です。

いきなり無収入になるわけではないため、休職しながらでも安心して転職活動ができます。

本当に辛い場合は、一旦仕事から離れて趣味でリフレッシュしてもいいでしょう。

4. 退職する

「もうこんな会社なんて辞めてしまいたい」と、あなたの心が壊れてしまう寸前なら退職しましょう。

上司や仕事のことを考えるだけでネガティブな気持ちになると、うつ病が発症するリスクがあがります。うつ病は発症してしまうと回復までに時間がかかる病気です。

したがって、会社が辛い場合は思い切って退職する方が、精神的な回復も早く次のステップを踏み出しやすくなります。

「でも働かないとお金が心配…」という方も心配は不要です。会社を辞めても条件を満たせば「失業給付」という手当を受け取れます。

たとえば、新卒で入社して給与25万円、2年間働いて24歳で退職した場合を例に計算してみましょう。

1日の支給金額:5,510円

支給期間    :90日

合計受給額   :5,510円✕90日=495,900円

計算式:keisan(https://keisan.casio.jp/exec/system/1426729546)

上記の計算から、1ヶ月で165,300円受給されることがわかります。したがって、給料は下がりますが仕事をしなくても就職活動はできます。

仕事が辛いならいますぐ辞めましょう。環境が悪いのはあなたのせいではないですし、そこで犠牲になる必要もありません。

一番大切なのは、あなたの心と身体です。自分自身でしっかりと守りましょう。

生命保険営業を辞めるときに実際にあった3つの闇

生命保険の営業を退職する際に実際にあった事例を、3つご紹介します。

  1. 有給休暇を使わせてもらえない
  2. 引き留めで辞めるのに1ヶ月以上かかった
  3. 退職を伝えたら上司の態度が一変した

仕事の環境がもともと悪い会社に勤めている場合は、上記の事例が起こる可能性が高いです。

退職しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

1. 有給休暇を使わせてもらえない

辞める前に有給休暇を使ってから辞めようとしても、会社によっては有給休暇を使わせてもらえないまま退職させられることがあります。

本来であれば労働者は以下の条件を満たしていれば、有給休暇を自由に使えます。

  • 雇い入れの日から6ヶ月間、継続して勤務していること
  • 全労働日の8割以上出勤していること

しかし、サービス残業や休日出勤が当たり前になっている職場では、有給休暇を使わせてくれないことが多いです。

労働者が有給休暇を使えることに気づかず、有給休暇を使えないと会社に踏み倒された場合は、そのまま辞めてしまうと有給休暇はなくなります。

有給休暇を使わせなかったことがバレれば、会社側の法律違反です。しかし、会社的には有給休暇を使われずにいる方がいいため、ブラックな職場では当たり前に有給休暇を消されます。

2. 引き留めで辞めるのに1か月以上かかった

退職の意志を伝えても引き留めにあうことがあります。長い場合は退職したい日を伝えてから、辞めるまでに2ヶ月以上かかったという例もあります。

会社としては次の人員を確保するまでの期間が大変になりますし、新人を入れると教育コストがかかるため、同じ人に働いてもらう方が都合がいいからです。

しかし、法律上では期間の定めがない雇用契約の場合に限り、2週間前に「仕事を辞めたい」と会社に伝えると退職できます。引用:厚生労働省 第5章 仕事を辞めるとき、辞めさせられるとき(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000171203.pdf)

自分の意志があれば辞めていいことを知らなければ、いつまでも会社の都合に合わせて辞められない状況が続くでしょう。

3. 退職を伝えたら上司の態度が一変した

退職を申し出た日から、上司の態度が一変することがあります。

  • 挨拶を無視される
  • 「退職前にノルマは達成しろ」と理不尽な要求をされる

もともとパワハラ気味な上司に退職の意思を伝えた場合は、なおさら態度が変わる可能性は高いでしょう。相手も退職するとわかっている人に対して容赦しなくなるからです。

せっかく退職して新しい人生をスタートしようとしても、パワハラ上司にあなたの足を引っ張られる可能性があります。

生命保険営業を辞めるときこそ退職代行がおすすめの理由3選

生命保険営業を辞めようと悩んでいる方には「退職代行」の利用をおすすめしています。

退職代行の利用をおすすめしたいポイントは、以下の3つです。

  1. 有給消化ができる
  2. 即日退職が可能
  3. 上司と話す必要がない

退職代行を初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。簡単にサービスの内容を説明すると、あなたの代わりに勤務先へ「会社を辞めたい」と伝えてくれるサービスです。

退職代行には「会社を辞めたい」と伝えてくれる以外にもメリットがあります。

それでは、生命保険営業を辞めたい方に退職代行がおすすめの理由3つを、それぞれ詳しく解説していきます。

1. 有給消化ができる

退職代行を利用すれば、あなたの代わりに「有給消化をしたい」という要望を伝えてくれます。自分で有給消化したい意思は伝えにくいですが、第三者に伝えてもらう方が気は楽ですよね。

また、代行業者によっては有給消化の交渉をしてくれます。しかし、注意点として有給消化の「交渉」ができるのは、下記のとおりです。

  • 弁護士が代行するサービス
  • 労働組合が運営する業者

民間の退職代行は有給消化したいというあなたの意思を伝えることしかできないため、会社に断られれば有給消化できない場合があります。
有給消化を断られても代行業者の独断で会社に交渉することは、法律で禁止されているからです。

したがって、確実に有給消化したい場合は弁護士か労働組合が運営する退職代行を利用しましょう。

2. 即日退職が可能

退職代行サービスを使えば、辞めたいと思ったその日に退職できます。

即日退職できる理由は、以下の条件があるからです。

  • 退職する2週間前に退職意思を伝えれば辞められる
  • 有給休暇は労働者が望んだタイミングで取れる

上記の条件により、14日分の有給休暇が残っていれば即日退職できます。また、もし有給休暇がなくても欠勤を使えば即日退職できます。

退職代行を利用すれば、あなたの代わりに退職の意向を伝えてくれるため上司からの引き留めにもあいません。

あなたが「会社にいきたくなくて毎朝起きるのが辛い」「会社にいきたくないストレスで食事も睡眠も取れない」場合は、退職代行でいますぐ会社を辞めましょう。

3. 上司と話す必要がない

退職代行のメリットは、会社と直接やり取りをしなくても辞められることです。つまり、苦手な上司とは一切話さずに退職できます。

会社を辞めたくても、怖い上司に退職の意思を伝えられないという方は多いです。しかし、退職代行を利用すれば、あなたは誰とも会わずに家にいるだけで退職の手続きは進みます。

退職代行を利用すれば上司から連絡がくる可能性もありますが、あなたは連絡に応じる必要もありません。退職代行を利用するだけで、その日から苦手だった会社の人と会う必要がなくなります。

なるべく人と会わずに退職したい方には、退職代行を利用することがおすすめです。

生命保険営業を辞めるときにおすすめの退職代行3選

生命保険営業を辞めるときにおすすめの対象代行は、以下の3つです。

  1. 【弁護士監修】Jobs
  2. 【労働組合が代行】退職代行SARABA
  3. 【創業16年】ニコイチ

会社のトラブルをできる限り避けたい方は弁護士が監修している退職代行Jobsがおすすめです。

それでは以下でそれぞれのサービスの特徴をご覧ください。

【弁護士監修】Jobs

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

【労働組合が代行】退職代行SARABA

料金 25,000円
対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の25,000円
  • 行政書士監修の退職届が貰える

【創業16年】ニコイチ

料金 27,000円
対応時間 7:00~23:30
支払い方法 銀行振込
クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 創業16年の老舗
  • 業界最安値の27,000円
  • 退職率100%(2021年4月現在)
  • 退職成功者20,000人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業16年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに20,000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の27,000円は魅力的です。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。