退職代行が甘えだと言われる4つの理由|今すぐ辞めるべきケースを解説

退職代行が甘えだと言われる4つの理由|今すぐ辞めるべきケースを解説

「退職代行を利用して辞めたいが、甘えているのだろうか」
「周囲から甘えだと非難されるのが怖いため、退職代行を躊躇してしまう」

など、悩んでいませんか?

退職代行を利用しようとしても、周囲から理解を得られないのであれば使いにくいですよね。

ですが、そもそも本当に退職代行を使うことは「甘え」なのでしょうか。

そこで今回は、

  • なぜ退職代行が「甘えている」と言われてしまうのか
  • 今すぐに退職代行を利用して辞めるべき3つのケース
  • 甘えだと言われるのが嫌で利用できずにいる場合、気持ちを切り替える方法

について詳しく解説します。

この記事を読めば、自分が退職代行を利用すべきなのかがわかり、退職代行を利用する心理的ハードルが下がります。

「退職の意思は自分で伝えたほうが良いのでは」と悩んでいる人は。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

退職代行が甘えだと言われる4つの理由

退職代行に否定的な人もいるため、退職代行を利用した人は甘えていると言われてしまうのが現状です。

近年、退職代行は世間に認知されつつありますが、まだ「自分で辞めれば良いのに」と理解してもらえない人も一定数存在します。

なぜ退職代行が甘えだと言われるのか、代表的な4つの理由を紹介します。

  1. 社会人としてのマナー不足
  2. 業務の引継ぎができない
  3. 自発的に行動していない
  4. 退職代行への嫌悪感

退職代行が甘えだと言われる理由がわかれば、本当に退職代行を利用すべきなのかを検討できます。

それでは、甘えだと言われる理由を1つずつ紹介していきます。

1. 社会人としてのマナー不足

退職代行を使うという考えは甘いと言われる理由の1つは、会社を辞めるという重大な意思表示を自分でしないのは社会人としてマナー不足だという意見です。

社会人は「ほうれんそう」というものがあり、大事な報告は自分でしなくてはいけないという風潮が残っているからです。

通常は以下のように退職までの流れがあり、双方の同意のもと退職が決定します。

  • 退職の意思を伝える
  • 上司と退職日を相談して決定する
  • 業務の引継ぎをおこなう
  • 退職日まで働く

退職代行を利用することで一連の流れを無視して退職まで進むため、手順を踏まずに辞めた人は「甘えている」と思ってしまう風潮があります。

我慢や苦労が美徳だと思っている世代も多いため、突然辞めたことをマナー不足だと感じるのでしょう。

2.業務の引継ぎができない

同じ会社で長く働いているとあなたにしかわからない業務があり、辞めるなら引継ぎしてほしいと思うのは会社として当然のことです。

その業務を引き継がずに辞めてしまうので、当然会社に迷惑が掛かってしまいます。

  • 顧客の契約状況
  • 業務の進捗状況
  • データの保存先

このように、あなたにしかわからない業務は多岐にわたるため、本来であれば後任に伝えてから辞めるべきです。

任せられた後任はわからない業務もこなさなくてはいけないため、引き継がずに辞めたあなたのことを甘えていると思ってしまいます。

3. 自発的に行動していない

退職代行サービスはあなたに代わり退職の意思を伝えてくれるため、自発的に行動できずに甘えていると捉えられてしまいます。

そのため「自分では何もせずに辞めた」と思われ、自立していない人間だと思われてしまいます。

  • 今日限りで退職させてください
  • 2週間後に退職したいです

など、一般的にはすぐに辞めたいという主張は認められません。

本来であれば退職の意思を伝えてから引継ぎが終わるまで時間がかかるものなので、今すぐ辞めたいという主張は通らないケースが多いです。

退職代行に理解がなければ突然辞めた、退職の意思を自分で伝えずに辞めたと思われてしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

4. 退職代行への嫌悪感

退職代行は比較的新しいサービスのため、サービス内容よりも甘えているという印象が先行しています。

とくに昔ながらの価値観を持つ上司は受け入れにくい行為のため、嫌悪感を抱いている人が多いです。

以下のように、昔ながらの考え方の持ち主からは理解は得られないということを覚えておきましょう。

  • 終身雇用が当たり前
  • 自分の問題は自分で解決すべき
  • 上司の言うことは絶対だ

退職代行サービスの利用に限らず、転職しながら自分の働きやすい環境に身を置くことが当たり前になってきました。

転職すること自体に理解がない人もいる中、まだ新しいサービスの退職代行サービスに嫌悪感を抱くことは当然だと言えるでしょう。

退職代行が甘えだとは言い切れない5つの理由

退職代行が甘えだとは言い切れない5つの理由

退職代行を利用することに否定的な人もいますが、必ずしも甘えているとは言い切れない見方も存在します。

自分の口から退職の意思を伝えることは逆効果になる恐れもあるため、以下で伝える「退職代行を使うべき」という視点からも物事を判断すべきでしょう。

  1. 会社に筋を通して辞めようとしている
  2. 退職の意思が受け入れられない
  3. 価値観は人によって異なる
  4. 退職代行サービスが浸透してきた
  5. 自分の意思を伝えたとしても批判される

退職代行へ否定的な意見も存在しますが、時と場合によっては退職代行の利用が効果的なこともあります。

それでは、5つのケースを詳しく解説していきます。

1. 会社に筋を通して辞めようとしている

誰しもが「筋を通す」のであれば、自分で退職の意思を伝えたほうが良いことはわかっています。

ですが「意思表示ができない自分の責任」「上司に伝える勇気が出せない私が悪いのだ」という気持ちが勝ってしまい「辞めたくても辞められない」と感じるのなら、気持ちを伝えるために退職代行を利用することは悪くないでしょう。

会社側も、以下のように退職者への理解はあります。

  • 退職を引き止める権利は会社にはない
  • 無理に引き止めてもお互いのためにならない
  • 突然いなくなるのであれば、少しでも早く退職の意思を伝えて欲しい

たしかに「どんな形であっても退職の意思表示は伝えて欲しい」と会社は思っているので、本来であれば自分の力で辞意を伝えるべきではあります

とはいえ、その意志が伝えられず「逃げる(バックレる)」選択をすることと比べると、退職代行という形であっても、辞める意思を伝えたほうが筋としては通っているでしょう。

2. 退職の意思が受け入れられない

勇気を出して退職の意思を伝えても、退職の意思が受け入れられない状況に陥ることがあります。

会社側は長年育ててきた人材が辞めてしまうのは大きな損失になるため、できるだけ留まってもらいたいものです。

  • 退職の話を取り合ってもらえない
  • 退職届の受け取りを拒否される
  • 考え直してほしいと言われ話を戻される

このように、さまざまな方法で退職を阻止しようとしてくるケースも存在します。

自分の意志だけで退職できないのであれば問題を解決することが難しく、退職代行を利用しても仕方ない状況だと言えます。

退職の意思が受け入れられなければ転職活動にも影響を及ぼしてしまうため、第三者である退職代行に手続きを代行してもらうほうが得策でしょう。

3. 価値観は人によって異なる

「退職代行を使うなんて甘えている」という否定的な人もいれば、当然「辞める意思を伝えれば問題ない」と肯定的な人もいます。

価値観は人によって異なるため、すべての人が絶賛するサービスなど存在しません。

否定的な人に理解してもらおうとするのは難しいことなので、あなたが正しいと思う判断をしましょう。

  • 自分には自分の考え方がある
  • 甘えと言われても辞められれば良い
  • 上司と顔を合わせずに辞められる

どんなに甘えだと言われても、上記のようなメリットがあります。

退職代行の利用に限らず自分の価値観を押し付けてくる人は一定数いるため、無理に理解してもらう必要はありません。

4. 退職代行サービスが浸透してきた

退職代行が浸透していく中で「辞められないのであれば退職代行を利用すべき」という考えも増えることが予想されます。

たしかに利用者は増えているものの、まだ一般的な退職方法ではありません。
しかし、以下のような理由で今後は退職代行が認められる可能性は大いにあるでしょう。

  • 今後利用者が増え、さらにサービスが浸透していく
  • 新しいサービスのため、仕組みを知らない人が批判しているだけ
  • 「退職代行を利用すればスムーズに辞められる」という口コミが増えてきた

時代の流れとともに「会社と揉めずに辞められるのであれば利用すべきだ」という考え方も生まれつつあります。
したがって、退職代行のメカニズムが正しく浸透すれば「甘え」と、一方的に批判されることも減ってくるでしょう。

5. 自分で意思を伝えたとしても批判される

たとえ自分の口から退職の意思を伝えたとしても、会社が快諾してくれるとは限りません。

なかには「仕事が続かない人だ」「こんな忙しいときに辞めるなんて」など、自分の主張を押し付けてくる人もいるものです。

批判をする人には以下のように嫉妬心を抱いている人もいるので、批判は気にしないようにしましょう。

  • 会社の都合だけを考えて批判している
  • 自分も辞めたいが、先に辞められる嫉妬心で批判している
  • 会社を簡単に辞めたというイメージで批判している

繁忙期に退職をして批判されるのは仕方のないことですが、それ以外の理由で批判をする人は会社を辞めること自体に快く思っていない可能性が高いです。

退職の決意をしたこと自体が大きな前進なので、批判の声は気にしないようにしましょう。

すぐにでも退職代行サービスを利用すべき3つのケース

退職代行は甘えているというイメージがあり利用すべきか悩んでしまうものですが、なかには今すぐにでも利用すべき状況も存在します。

退職代行を利用したからこそすぐに辞められるケースもあるので、ときには退職代行に頼ることも大切です。

これから紹介する3つのケースに当てはまった場合、すぐにでも退職代行の利用を検討しましょう。

  1. 引き止めにあっている
  2. 精神的に追い詰められている
  3. 退職の意思が受け入れられない

退職代行は効率よく退職する手段ともいえるので、自分だけで退職できないのであれば退職代行の力を借りて辞めるのも選択肢の1つです。

場合によっては退職代行に頼らざるを得ない空気を作った会社側の責任もあります。
どのような場合には頼ったほうが良いのか、細かく見ていきましょう。

1. 引き止めにあっている

辞めたいと申し出たのにもかかわらず、さまざまな言い回しで退職を阻止しようとする会社も存在します。

あまりにも執拗な引き止めにあうと「退職したら何をされるのかわからない」と怖くなることもあるでしょう。

以下のように高圧的に対応してくる会社もありますが、本来であれば、自分の主張を通しても問題ありません。

  • 辞めるなら代わりの人間を連れてこい
  • もしお前が辞めてプロジェクトが回らなかったらどうするんだ

会社側の都合で強い言葉で退職を阻止しようとしているだけなので、基本的には無視して退職代行を活用すべきです。

あまりにも高圧的な引き止めで「裁判沙汰に持ち込もうとする脅し」であれば、弁護士に依頼することも検討してみることをおすすめします

2. 精神的に追い詰められている

社内に頼れる人がいないため相談できず、問題を1人で抱え込みすぎて精神的に追い込まれてしまうケースもあります。

真面目な人ほど精神的に追い詰められ、次第に辞めたいと思う感情さえなくしてしまいます。

そうならないためにも、以下の状況に当てはまっていないか確認してください。

  • いつも憂鬱な気分で過ごしている
  • 食欲が減少している
  • 睡眠時間の減少、または寝ても疲れが取れない

このような状況で働き続けていると、うつ病になる恐れもあります。

精神的に追い込まれた状況では冷静な判断ができなくなってしまうので、第三者である退職代行に相談するのも良いでしょう。
客観的な意見を聞くことで冷静な判断が下せるようになるため、退職代行に頼ったほうが賢明です。

3. 退職を受け付けてもらえない

どんなに退職の意思を伝えても、退職届の受け取りを拒否されるなど受け付けてもらえない(無視される)ケースがあります。

そのような状況では辞めるに辞められず働き続けなければいけないため、退職代行の利用は仕方ないと言えます。

おもにブラック企業に退職届の受け取り拒否が多く、以下のような言動で退職を受け付けてもらえないことが多いです。

  • 退職の話をすると高圧的な態度を取られる
  • 根性論を持ち出し、まだ辞めるのは早いと止められる
  • 後任が見つかるまで辞めさせないと言われる

あなたを身動きできない状況にし慰留しようとしてくるので、辞めるに辞められなくなってしまいます。

このような状況は自分だけで問題を解決するのは難しいので、退職代行に間に入ってもらうことをおすすめします。

退職代行を甘えだと感じる気持ちを切り替える5つの考え方

どうしても退職代行は甘えている、自分の口から退職の意思を伝えなくてはいけないと思っている方もいるでしょう。

なかなか退職代行を利用する決心がつかないのであれば、以下の5つを参考に気持ちを切り替えていきましょう。

  1. 退職は労働者の権利だと割り切る
  2. 退職代行は違法行為に当たらない
  3. 円満退社できないのであれば仕方ないと割り切る
  4. 転職活動に影響しない可能性が高い
  5. 自分の人生を大切にする

世の中にはさまざまな価値観がありますが、あなたが楽しみながら仕事を続けられることを第一に考えましょう。

それでは、退職代行を甘えだと思っている人が気持ちを切り替える方法を、1つずつ解説していきます。

1. 退職は労働者の権利だと割り切る

退職は労働者の権利であり、会社に退職の意思を伝えれば一定期間で退職できると民法で定められています。

本来であれば退職代行の利用の有無にかかわらず、通知から2週間で契約期間が満了します。

(期間の定めのない賃貸借の解約の申入れ)
第六百十七条 当事者が賃貸借の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合においては、次の各号に掲げる賃貸借は、解約の申入れの日からそれぞれ当該各号に定める期間を経過することによって終了する。
(引用)e-Gov法令検索
(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089)

会社の意思にかかわらず労働者には退職の権利が認められているため、きちんと手順を踏んで辞めているのだから問題ないと割り切りましょう。

法律で定められている通り、会社側に無理矢理引き留める拘束力はありません。

2. 退職代行は違法行為にあたらない

退職代行は違法行為をしているわけではないので、後ろめたい気持ちになる必要はありません。

退職する手段の1つとして退職代行を利用すると考えれば、利用する際に甘えているという感情はなくなります。

ただし、これから解説する非弁行為は違法になってしまいます。

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

(引用)e-Eov法令検索
(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=324AC1000000205)

利用者に代わって退職の意思を伝えるのであれば問題ありませんが、労働組合などのように交渉権を持たないものが交渉をおこなう行為は違法です。

最悪の場合退職できないだけでなく利用者が不利な状況に陥ってしまうため、退職代行Jobsのように弁護士の監修がある業者を選べば適法適正な形式で退職できます。

3. 円満退社できないのであれば仕方ないと割り切る

できれば円満に退職したいと願っていても、職場環境や人間関係によっては叶わないこともあります。

退職代行を利用してしまうと円満退社から遠のいてしまう可能性もありますが、辞めたいと思う自分の気持ちを尊重しましょう。

どうしても気持ちが割り切れない場合は、以下のように考え方を変えると気持ちが楽になります。

  • 辞めさせてくれないのであれば仕方ない
  • 退職代行の利用は、退職の手段の1つにしか過ぎない
  • 会社に退職の意思を示してから辞めた自分は間違っていない

第三者が介入することで会社も冷静に退職の意思を受け止められるため、思っているよりもスムーズに辞められるケースも存在します。

退職届を提出して2週間の有休消化で出社せずに退職できるため、どうしても辞められないのであれば仕方ないと割り切ることも大切です。

4. 転職活動に影響しない可能性が高い

退職代行を検討する際どうしても「転職活動に影響したら困る」と先の心配をしてしまいますが、基本的にバレる心配はありません。

近年は個人情報の観点から、第三者に話すことを控えるケースが多いからです。

ただし、以下の2つのケースでは退職代行を利用したことが周囲にバレてしまう可能性があります。

  • 自分から誰かに話してしまう
  • 前職と転職先で繋がっている人がいる

同業種や取引先などで共通の知り合いがいる場合は退職代行を利用したことがバレてしまう可能性はありますが、自分から話さなければ誰にも知られることはありません。

仮に転職活動の際に退職代行を利用したことがバレてしまったとしても、違法性のないサービスなので転職活動に影響を及ぼす可能性はないに等しいと言えます。

何らかの事情を抱えたうえで利用する人が多いので、転職先に「退職の意向を示したが辞められなかった」など事実を伝えれば良いだけです。

5. 自分の人生を大切にする

生きていくうえで仕事をするのは重要なことですが、世の中には数えきれないほどの会社が存在します。

あなたを退職代行を使ってでも辞めたいと思わせている会社にも原因はあるので、あなたの人生を大切にすることを考えていきましょう。

以下のように、会社を辞めたいと思う状況は人それぞれです。

  • 上司や同僚と合わず、毎日がつらい
  • 残業が多く、プライベートの時間が確保できない
  • 給料が欲しく、なかなか貯蓄できない

精神的に追い詰められた状況では働いている意義すら見失ってしまうので、あなたの時間がもったいないです。

自分の人生を大切にするためにも、つらいのであれば退職代行を利用して明るい未来を手に入れましょう。

おすすめの退職代行サービス3選

退職代行を利用して現状から脱け出そうとしても、たくさんのサービスの中から自分に合う業者を選ぶのは非常に難しいのではないでしょうか。

そこで、おすすめの退職代行サービスを3社紹介するので、状況に応じてどこを利用すべきか検討してください。

  1. 退職後の不安も相談できる「退職代行Jobs」
  2. 労働組合運営の「退職代行SARABA」
  3. 安心の弁護士対応「弁護士法人みやび」

退職代行は24時間対応しているところを選べば今すぐにでも退職できるので、サービスを選ぶ基準になります。

おすすめの3社には違いがあるため、特徴を1つずつ解説していきます。

1. 退職後の不安も相談できる「退職代行Jobs」

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

2. 労働組合運営の「退職代行SARABA」

料金 25,000円
対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の25,000円
  • 行政書士監修の退職届が貰える

3. 安心の弁護士対応「弁護士法人みやび」

料金 55,000円
対応時間 10:00~21:00
クレカ決済の有無  無
返金保証の有無  無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。