【必見】仕事でミスして辞めたいと思う理由と対処法6選!ミスが多くなる原因も紹介

【必見】仕事でミスして辞めたいと思う理由と対処法6選!ミスが多くなる原因も紹介

「仕事でミスを連発してしまう」
「気をつけていても直らない」
「ミスが多いせいで会社にいづらい」

このような悩みをお持ちの方が、いらっしゃるのではないでしょうか。ミスしてしまう自分が嫌になりつつも、どうにか対処できないかと悩むことがあるかと思います。

そこで本記事では、

  • 仕事でミスして辞めたいと思う理由
  • 仕事でミスが多い原因
  • ミスをして辞めたいときの対処法

について詳しく解説します。

仕事でミスをして辞めたいと思っている人が、今後の行動を決めるために役立つ内容になっているので、ぜひ最後までお読みください。

仕事でミスしたときに辞めたいと思う理由3選

仕事でミスをしたときに、なぜ辞めたいと感じるのでしょうか

その主な理由は以下の3つです。

  1. ミスをする自分が許せない
  2. ミスして周りに助けられることが情けない
  3. 上司やお客さまに迷惑をかけたくない

それぞれについて、順番に解説します。

1. ミスをする自分が許せない

ミスをする自分が許せないために、仕事を辞めたいと感じる場合があります。「ミスの対策すらできない自分は、職場にいない方が良いのでは」と感じて、辞めたくなってしまうのです。

ミスには自分のダメなところが表れているので、受け止めるのは辛いことです。

何度も同じようなミスをしてしまう場合は「きちんと反省できていないのではないか」と自分を責めてしまうこともあります。

そして、ミスをした自分を許せずに、退職を考えるようになるのです。

2. ミスして周りに助けられることが情けない

ミスして周囲の人に助けられることが情けなくて、辞めたいと感じる方もいます。

ミスするとプライドが傷つくので、特に学生のときや前職で活躍していた方ほど、挫折しやすい傾向があります。

周囲の人に優しく接してもらっても、情けないという気持ちは変わりません。

「周りの人も忙しいのに、むしろ仕事を増やしてしまっている」「給料をもらっているのに、これでいいのか」などと感じることもあるでしょう。

すると「自分がいない方が職場のためになるのでは」と考えて、辞めたくなってしまいます。

3. 上司やお客さまに迷惑をかけたくない

「上司やお客さまに迷惑をかけたくない」という思いから、辞めたくなることは多いものです。1つミスをすると、多くの人に迷惑がかかってしまう場合があります。

上司やお客さまから厳しいことを言われて、傷ついてしまうこともあるでしょう。自分のミスから会社に損失が出た場合には「大変なことをしてしまった」と責任を感じてしまいます。

もし上司がかばってくれたとしても、今度は「申し訳ない」という気持ちが大きくなります自分が周囲の人に迷惑をかけてばかりだと感じると、仕事を辞めたくなってしまうかもしれません。

仕事でミスが多くなる原因6選

仕事でミスが多くなる主な原因は、以下の6つです。

  1. 疑問点や不明点を放置している
  2. 時間に追われている
  3. 自分の得意分野と仕事が合っていない
  4. 同僚と意思の疎通ができていない
  5. 集中しにくい仕事環境
  6. 研修などの教育が不十分

それぞれについて、順番に解説します。自身にあてはまるものがないか、考えてみてください。

1. 疑問点や不明点を放置している

仕事の疑問点や不明点を放置すると、ミスの原因になります。作業の意味や必要性を理解していないと、正しい手順を忘れやすくなるからです。

疑問点や不明点があると、ミスを防ぐための行動が適切にできないので、同じミスを繰り返してしまう傾向があります。

たとえば、マニュアルに「○○の数値を確認する」という項目があった場合、その確認には何らかの意味があるはずです。

しかし、確認する意味や理由をわからないままにしておくと、確認自体を忘れてしまったり、異常があったときに気づけなかったりすることが多くなります。

何度も同じミスをしてしまうのであれば、仕事の内容が理解できていないことを疑いましょう。

2. 時間に追われている

忙しくて時間に追われていると、ミスをしやすくなります。焦っている状態では、その仕事に熟練している人でもミスが増えてしまうものです。

まだ仕事に慣れていない状況であれば、なおさらです。「自分の仕事に間違いがないか」確認する時間を確保できないと、ミスにつながりやすくなります。

さらに、やるべきことを多く抱えていている方は注意が必要です。何を優先すべきかが明確でないと、すべてを同時にやろうとして混乱してしまうでしょう。余計に「時間が足りない」と焦って、ミスが増えてしまうのです。

3. 自分の得意分野と仕事が合っていない

自分の得意分野と仕事が合っていないと、ミスをしやすいものです。誰でも仕事には「向き不向き」があります。

自分に向いていない仕事では、注意していてもミスを減らすのが難しい場合があります。

たとえば、数字を扱うのが苦手なのに経理の仕事をしていたら、計算ミスをしやすいでしょう。

また「細かい作業が苦手だ」と感じている人が細かい作業をすれば、ミスが増える傾向があります。ミスが多い人は「仕事の内容が自分の得意分野であるか」あらためて考えてみるとよいでしょう。

4. 同僚と意思の疎通ができていない

同僚と意思の疎通ができていないと、ミスの原因になります。ちょっとした声がけをしないことが原因で、ミスが生まれることは少なくないです。

例えば、誰がやるのかが明確になっていない仕事は、放置される可能性があります。

普段から「その仕事は私がやっておきます」などと声をかけ合っていないと、お互いに「誰かがやるだろう」と思って結局誰もやらず、後で大きな問題になりかねません

また、同僚とコミュニケーション取っておかないと、自分のミスの原因を指摘してもらう機会を失ってしまいます。コミュニケーション不足が原因で、ミスが増えていることは多いです。

5. 集中しにくい仕事環境

集中しにくい仕事環境では、ミスが多くなりやすい傾向があります。例えば以下のような環境では、誰でも仕事に集中しにくいものです。

  • 業務スペースが狭い
  • 声をかけられて仕事を中断することが多い
  • 商品が乱雑に置かれている

こうした環境では、注意が散漫になってしまうため、ミスが増えてしまうでしょう。

ミスが多いのは自分の責任だけでなく、仕事環境にも原因があるかもしれません。

6. 研修などの教育が不十分

研修などの教育が不十分なために、社員のミスが増えている場合があります。

初めての仕事であれば、研修などでちきんと教わっていないと、正確に進めることは難しいでしょう。

マニュアルが用意されていたとしても、概要しか記載されておらず、細かい説明が書かれていないことがあります。

また、上司や先輩に質問したときに、人によって言うことが違う場合もあるでしょう。すると誰の言葉を信じればよいのかわからず、ミスにつながってしまいます。

教育が十分に行き届いていないために、ミスが増えている可能性もあるのです。

仕事でミスをして辞めたいと思ったときの対処法6選

仕事でミスをして辞めたいと思ったときの対処法を6つ紹介します。

  1. ミスした自分を責めすぎない
  2. 休んだり気分転換したりする
  3. 上司に相談する
  4. 身近な人に悩みを聞いてもらう
  5. ミスが減らせるよう対策する
  6. 転職する

それぞれについて、詳しく解説してきます。

1. ミスした自分を責めすぎない

仕事でミスをしたときは、自分を責めすぎないようにしましょう。ミスは誰でもするものですし、仕事に慣れていない時期であればなおさらです。

ミスをした自分を責める上司や先輩も、以前は自分と同じようなミスをしていたかもしれません

仕事に熟練していくためには多少のミスは仕方がないので、あまり自分を責める必要はありません。現在ミスが多かったとしても、これから減らしていけば問題ないのです。

2. 休んだり気分転換したりする

辞めたいと思ったときには、休んだり気分転換したりすることが効果的です。

ミスしたことを気に病んでいると、目の前の仕事に集中できなくなります。それにより、またミスをしやすくなってしまい悪循環です。

しっかり休みを取れば、気分がすっきりして頭が働くようになるので、ミスを減らすことにつながります。

勤務日に休みを取る休むことが難しければ、自分なりの気分転換をするのもよいでしょう。気分転換の方法としては、例えば以下があります。

  • ゆっくり入浴する
  • 映画を鑑賞する
  • 好きな物を食べる
  • カラオケに行く

リフレッシュすることで気分が明るくなり、仕事への良い影響も期待できます。

3. 上司に相談する

仕事を辞めたい思ったときには、上司に相談してみましょう。

特にミスが多い原因が仕事環境にあるのであれば、自分1人では環境は変えられないので、上司に相談すべきです。

率直に悩みを伝えることで、意外とあっさりと問題が解決することがあります。例えば、部屋が騒がしくて集中できないのであれば、別室での仕事を認めてもらえるかもしれません。

また、すぐには対応してもらえないとしても、話を聞いてもらうだけで気分が落ち着くことがあるでしょう。悩んでいるのであれば、上司に相談することをおすすめします。

4. 身近な人に悩みを聞いてもらう

身近な人に悩みを聞いてもらうことも、効果があります。家族や親しい友人などに悩みを打ち明けてみると、気持ちが楽になることが多いです。

ふだん職場にいると「仕事でミスが多いのは自分だけ」だと感じているかもしれません。しかし、友人の職場の話などを聞くことで、どんな職場でもミスはあるものだと気づけるでしょう。

また、自分では思いつかないようなアドバイスをもらえることがあります。身近な人に相談して客観的な意見をもらうことは、悩んでいるときにきっと役に立つでしょう。

5. ミスが減らせるよう対策する

ミスを減らせるように対策することは大切です。具体的には、以下のような対策があります。

  • メモを取ることを習慣にする
  • やるべきことを紙に書き出す
  • 同僚に毎日欠かさずあいさつをする

頭の中で「気をつけよう」と思っているだけでは、ミスをなくすのは難しいものです。

「メモを取る」といった、具体的な行動に落とし込むと、対策の効果を得やすいでしょう。

6. 転職する

どうしても辞めたいほど辛いときは、思い切って転職を検討するのも選択肢の1つです。

自分の得意分野と仕事が合っていないせいでミスが多いのであれば、転職することで改善されるかもしれません。自分の得意分野が活かせる職場を探しましょう。

ミスが多い原因が会社の教育不足にある場合は、研修制度がしっかりしている会社を選ぶべきです。

また、退職してから転職活動をするとなると、すぐに勤務先が決まらず、収入が途切れてしまう可能性があります。

退職する前に次の職場を決められるように、早めに転職活動を始めておきましょう。

おすすめの退職代行業者3選

上司に退職の意思を伝えるのを辛いと感じて、仕事を辞めるのをためらってしまう方もいるでしょう。

その場合には退職代行業者を利用すれば、上司と直接話をしなくても、スムーズに退職の手続きを進められます

そこで、実績があって信頼できる業者を3つご紹介します。

  1. 退職代行Jobs
  2. 弁護士法人みやび
  3. 退職代行ニコイチ

それぞれの特徴を理解したうえで、自身に合った業者を選びましょう。

1.退職代行Jobs

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

2.弁護士法人みやび

料金 55,000円
対応時間 10:00~21:00
クレカ決済の有無  無
返金保証の有無  無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

3. 退職代行ニコイチ

料金 27,000円
対応時間 7:00~23:30
支払い方法 銀行振込
クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 創業16年の老舗
  • 業界最安値の27,000円
  • 退職率100%(2021年4月現在)
  • 退職成功者20,000人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業16年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに20,000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の27,000円は魅力的です。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。