今すぐ仕事を辞めたい!と感情が高まったら、まずやってみることがある

今すぐ仕事を辞めたい!と感情が高まったら、まずやってみることがある

「もう仕事に行きたくない…」
「今すぐにでも仕事を辞めたいけど、どうしたらいいんだろう」

今すぐ仕事を辞めたいと思っても、実際にどう行動していいか分からずに悩んでしまいますよね。
まずは、高まった感情を抑えて冷静さを取り戻し、しっかり考えた上で行動に移すことが大切です。

  • すぐには辞めないほうがいいケース
  • 仕事を辞めたいと思ったときにやるべきこと
  • 円満に仕事を辞める方法

この記事では上記のことについて詳しく解説していきます。

できるだけストレスなく今の仕事を辞めたいと思っている人は、ぜひ本記事をご覧ください。

「今すぐ仕事を辞めたい」と感じがちな3つの場面

今すぐ仕事を辞めたいという気持ちを甘えと決めつけるのは危険です。
辛い状況に身を置き続けることで、心身の健康を損なってしまう可能性もあります。

仕事を辞めたい人の多くが挙げる理由は以下の3つです。

  1. 今の仕事が向いていないと感じている
  2. 自分だけでは改善できない問題を抱えている
  3. 心身ともに限界を感じている

このまま仕事を続けて状況が好転するのかどうか考えながら、読み進めてみてください。
それでは順に説明していきます。

1. 今の仕事が向いていないと感じている

仕事を辞めたい理由のひとつに、今の仕事に適性を感じていないことが挙げられます。
向いていないと感じながら仕事を続けるのはストレスでしかなく、離れたくなってしまうのも当然です。

  • 常にノルマに追われていて辛い
  • 人見知りなのに営業を担当させられている
  • 数字が苦手なのに経理に配属された

上記のように、まずは続けることが大事と頑張ってみても、どうしても仕事を好きになれない、やりがいを感じられない場合があります。
そんな精神状態では、モチベーションも上がらず、結果を出すことも難しいでしょう。

楽しく仕事ができずに結果も出ないという悪循環に陥り、仕事を辞めたくなるのです。

2. 自分だけでは改善できない問題を抱えている

自分だけで改善できない問題によって八方ふさがりになり、仕事を辞めたくなることもあります。
仕事はどこかに所属し、周りの人と協力し合いながら進めていく必要があります。

会社の雰囲気や他者との関わりによって、下記のような「自分の努力だけではどうにもならないこと」が出てくるのです。

  • どうしても社風になじめない
  • 常に高圧的な上司がいる
  • 長時間労働を強いられる
  • 正当に評価されない

最初は「自分が努力すれば変わるかもしれない」と頑張れるかもしれません。
しかし、いくら努力をしても状況が改善されなければ、仕事を辞めたくなってしまいます。

3. 心身ともに限界を感じている

心身の状態に異変を感じていることも、仕事を辞めたい理由として挙げられます。
仕事が原因で心身の健康状態を崩してしまった場合、無理に続けるとさらに悪化してしまいます。

  • 朝起きられなくなった
  • 仕事のことを考えると具合が悪くなる
  • 食欲がなくなっている

上記のように、明らかに普段と違う状態が続けば、心身の限界を迎えているサインです。
健康でなければ意欲的に仕事をすることはできません。

ストレスの原因となっている仕事から離れることでしか解決できないため、辞めたいと考えるのです。

すぐには辞めないほうがいい2つのケース

「今すぐ仕事を辞めたい!」と思っても、一度立ち止まって考えてほしいケースがあります。
辞めることが、辛い状況に対しての根本的な解決にならないこともあるからです。

すぐに仕事を辞めないほうがいいケースは以下のとおりです。

  1. 同じ理由で仕事を辞めたことがある
  2. 仕事とプライベートの両立に悩んでいる

仕事を辞めることによって状況が好転しなければ、ただ逃げることになってしまいます。
前向きな姿勢で辞めるために、辞めたあとに後悔しないために、ぜひ読み進めてみてください。

1. 同じ理由で仕事を辞めたことがある

全く同じ理由で仕事を辞めたことがある場合は、辞めることが根本的な解決になるのかを考えてみましょう。
会社や相手に非があると感じていたとしても、自分自身のおこないが辛い状況を招いている可能性にも目を向けておくべきです。

  • 先輩にかわいがってもらえていない
  • 何度も同じことで注意される
  • 要領が悪くて仕事が終わらずに残業が多い

冷静に自分と同僚とを比べてみて上記のようなことがあれば、仕事を辞める前に改善すべきことがあるはずです。
自身のおこないに目を向けないまま辞めれば、また同じことを繰り返すことになります。

2. 仕事とプライベートの両立に悩んでいる

プライベートとの両立がうまくいかないことで仕事を辞めたいと思っても、一旦時間を置いて考えましょう。
キャリアが途切れることにはリスクが伴います。

  • 結婚して家事の負担が大きくなった
  • 親を介護する必要がでてきた

上記のように、仕事自体は充実しているのにプライベートな事情での心身の負担が大きくなれば、仕事を辞めて時間を確保したくなることもあるでしょう。

しかし、辞めたあとの収入の確保や再就職の際のリスクを十分に考慮する必要があります。
また、終わりの見えないブランクは、想像以上に不安がつきまといます。

仕事を辞める前に、他の手段を調べたりサポート体制の構築したりするなど、冷静な対処ができるようにしましょう。

今すぐ仕事を辞めたい人がやるべき6つの行動

感情のままにいきなり仕事を辞めても、良い方向に向かうことは少ないでしょう。
冷静さを取り戻して行動することが大切です。

今すぐ仕事を辞めたい人がやるべきことは以下のとおりです。

  1. 「辞めたくなった」と誰かに相談する
  2. 有給休暇を使って冷却期間をおく
  3. 退職後のやりたい仕事に向けて行動する
  4. 退職が認められる条件を調べる
  5. 無職期間の生活費を確保する
  6. 社会保障関連の手続きについて把握しておく

どれも、自分を守るために大事なことばかりです。
自分がまだやれていないことはないか考えながら読み進めてみてください。

1.「辞めたくなった」と誰かに相談する

仕事に関する悩みがあっても、多くの人が誰にも相談することなくひとりで悩んでいます。
悩みを打ち明けるのはとても勇気がいることですが、自分だけで悩むのはよくありません
あれやこれや考えてばかりで、精神的にどんどん元気がなくなっていくからです。

悩んでいる時に必要なことは、自分の中の世界にこもらずに、下記のような信頼できる身近な人やプロに話すことです。

  • 友達
  • パートナー
  • 家族
  • 同僚
  • カウンセラー

人は基本的に誰かの役に立ちたい生き物ですから、思い切って相談してみたら、快く聞いてくれるでしょう。
「そうだったんだね」「大変だったね」と受け止めてもらえるだけで、随分楽になるということはよく起こります。

2.有給休暇を使って冷却期間をおく

有給休暇が残っている人は、迷わず申請をしてお休みをとりましょう。
疲れが溜まったり、精神的に思い詰められてしまうと、人は冷静な判断ができません
冷静でない自分の状態で、退職という重要な決定をしてしまわないことが大切です。

  • 退職すべきか否か
  • 退職する前に休職などの選択肢は取れるのか

上記のような重要な決定は、場所や環境を変えて、興奮した自分の状態を落ち着かせてからするようにしましょう。
冷静に考えて決めたなら「なんであんなことしてしまったんだろう…」と後悔することはありません。

短期間での復活が難しい場合は、会社によっては、休職制度を利用することも可能です。
休職制度は、会社によってまちまちの制度ですので、その期間や手続き、手当の有無もそれぞれですから、就業規則をよく読んで確認するといいでしょう。

感情的な勢いや落ち込みだけで決めてしまわないための冷却期間を置くことは、とても良いことです。

3.退職後のやりたい仕事に向けて行動する

今の仕事が嫌でも焦って辞めてしまわずに、次の仕事について着々と行動していくことも大切です。
失敗した経験があるからこそ、それを活かして自分が望む現実に近づけていくことができます。

  • どんな仕事がしたいのか?
  • どんな場所で働きたいのか?
  • 時間や曜日はいつがいいか?

上記のようなことを、具体的に色々想像してみましょう。

楽しそうに仕事している人達に会って、話を聞いてみるのもおすすめです。
別の仕事したって良いんだ!と視野が広がって、それだけで気分が明るくなることもあるでしょう。
そうして鬱々としていた状態から抜け出して、やりたい仕事への可能性の方に自分を持っていくのです。

次の仕事の目処をつけてから今の職場を離れることができたら、経済的にも精神的にも安心できます。

4. 退職が認められる条件を調べる

仕事を円満に辞めるためにも、退職が認められる条件を知っておきましょう。
自分を守ることにもつながります。

退職が認められる条件は以下のとおりです。

  • 会社に、退職日の2週間前までに退職の意思を伝える(正社員の場合)
  • やむを得ない理由がある
  • 会社が退職の申し入れに合意してくれた

上記のほかにも、会社の就業規則もチェックしましょう。
ルールを守らずに辞めて会社に被害を与えてしまった場合、会社から訴えられる可能性もあります。

社会人として最低限のルールを守って退職することが大切です。

5. 無職期間の生活費を確保する

無職期間でも生活ができるように、数か月収入がなくても生活できるだけの貯金は確保しておきましょう。
転職や再就職が思ったとおりにいくとは限らないからです。

  • 食費
  • 保険・医療費
  • 家賃やローン

働いていなくても、上記のような支払うべき生活費は毎月かかります。

生活費を心配しないといけないような状態では、職探しも難しくなります。
「すぐに次の仕事が見つかるだろう」などと安易に考えず、リスクに備えることが大切です。

6. 社会保障関連の手続きについて把握しておく

退職して次の仕事が決まるまでの間に必要となる社会保障関連の手続きについて、事前に把握しておきましょう。
場合によっては、会社とのやりとりが必要になります。

  • 住民税・国民年金の支払い
  • 国民健康保険への切り替え
  • 雇用保険の書類の受取

上記のように、自分でやらなければいけないことが多くあります。

何も手続きしなければ、無保険の状態や支払うべきお金を滞納することになるので注意しましょう。
また、雇用保険の書類は会社から送付されるものなので、所属している間に確認しておくと安心です。

辞めたいときに絶対やってはいけない2つのNG行為

いくら今すぐ辞めたいと思っていても、絶対にやってはいけないことがあります。
今後の社会人としての人生に関わるので、NG行為として覚えておきましょう。

  1. 会社への不満をSNSに投稿する
  2. 無断欠勤をする

「どうせ辞める会社なんだから関係ない」などと安易に考えてはいけません。
社会人として恥ずかしくない行動を心掛けましょう。

それぞれ解説します。

1. 会社への不満をSNSに投稿する

会社への不満や愚痴をSNSに投稿するのは絶対にやめましょう。
個人アカウントであっても、会社が特定できる状態で投稿すれば大きな問題に発展しかねません。

単なる愚痴を投稿したつもりでも、自社の内部機密やクライアントの情報などを漏らしてしまった場合、損害賠償に発展する可能性すらあるのです。

SNSは不特定多数の人に見られており、その中には少ない情報から個人や会社を特定しようとする人がいます。
社員としてSNS投稿をすることのリスクを理解しておくことが大切です。

2. 無断欠勤をする

連絡するのも嫌だからと、無断で欠勤するのは絶対にやめましょう。懲戒解雇の処分が下る可能性があります。
離職票に「重責解雇」と記載されるため、転職活動などに影響が出てしまうでしょう。
また、会社での信頼は完全に失われてしまいます。

無断欠勤によって、上司や同僚、取引先など多くの方に迷惑をかけることになり、円満に退職することが難しくなるでしょう。

今すぐ仕事を辞めたいなら、退職代行Jobsの利用がおすすめ

退職に向けてやるべきことをやったうえで「やっぱり辞めよう」と決心したなら、退職代行サービスを利用して退職するのがおすすめです。

「退職届を出すのが怖い」「上司に怒られたらどうしよう」と不安な気持ちになるのも無理はありません。しかし、それでも辞めたい気持ちを押しつぶしてまで働く必要はないでしょう。

退職代行Jobsであれば、あなたが出社しなくても、代わりにあなたの退職を会社に伝えることができます。少しでも前に進みたい気持ちがありましたら、ぜひ選択肢のひとつにご検討ください。

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。