アート性が世界や人生を救う! ~アートに囲まれていると気分が良くなる~

アート性が世界や人生を救う! ~アートに囲まれていると気分が良くなる~

アート性が世界や人生を救う! ~アートに囲まれていると気分が良くなる~

私は、

可愛いモノ
模様の凝ったモノ
デザインや色が素敵なモノ

が好きです。

沢山のモノがある中でも、綺麗な色や模様のモノはすぐに目にとまるし、惹かれます。

そして、とても素敵な気分にさせてくれます

元気が出るリズム
心が穏やかになる音色
躍動感のあるメロディー
うっとりするハーモニー
音もそうですよね。

香りも好きです。

愛用しているバラの香りのオイルは、
手のひらで温めて、
鼻の前で手を開いて、
香りを嗅いだ途端に

うっとりします。

はぁ〜〜〜〜❤️❤️❤️

ってなります(^.^)

実際に、そのような美しい色や音や香りを味わった時、
セロトニンその他の幸せホルモンが分泌されて、人は癒されます。気分がよくなります。

モノが有り余るほどに溢れる今、私達は多かれ少なかれ、色んなモノに囲まれて生活していますよね。

その一つ一つが、
自分をそんな風に幸せな気持ちにさせてくれるモノだったら、

あなたの日常生活は、いくらかでも絶対変わると思いませんか?

もしあなたが、事務のお仕事をしていて、毎日ボールペンを使うとした場合、

それが、透明と黒のあの事務用ボールペンである場合と
素敵な色でキラキラストーンがついたお気に入りのペンだった場合とで

何かが変わりませんか?

男性にキラキラストーンの例はしっくりこないかもしれませんが、
少し重厚感や高級感のある一味違った愛用のペンがあると、

見る度使う度に、「イケてる!」感じになったりしませんか?

そういうのって、実はものすごく大事だと思うのです。

ペンは字を書くために使うモノだから、書きやすさが重要。
それはそうです。

消耗品だから、安い物でいい。
それもそうかもしれません。

でも…

そういう理由で、ペンを選んでいる人と
愛用のお気に入りのペンを使っている人とは

何かが違う気がするのです。

ペンは大抵インクの交換が出来るようになっていて、
レフィル交換すれば、安く大切に使い続けることができますよね。

そうして愛着を持って使っているモノって、
本当に愛おしく、心をキュンとさせる力を持っています。
(キュンの男性バージョンの表現が今浮かびませんが…
何か心に働きかける力があるでしょう?)

今の例は、ペンですが、

私達が日常使っているモノは他にも沢山あります。

コップ、お皿、スポンジ、バッグ、財布、携帯、洋服、ハンカチ…

それら一つ一つが、お気に入りで見ていてルンルンするモノか、
単に使えればいいとしてあるモノか、

それで毎日の生活の感情のトーンは、実はすごく変わってくるのです。

だから、素敵なインテリアで、音楽の趣味の良いお洒落なカフェが流行って、
多くの人がそこで時間を過ごしたくなるんですよね。

美しいもの、アートなモノに囲まれていると気分が良くなるから。

街がアート化していくのとかも、
すごく良いですよね〜〜♪

最近よく通る高架下のトンネルの壁に大きな絵を描くお仕事をしているお兄さんと、
いつも目で挨拶して、素敵な活動に賞賛を送っています(^ ^)

こんなに字数を使って語ってますが、
当たり前のことですよね(^ ^)

だったら、今から、自分の身の回りにあるモノにそんな意識を注いでみませんか。

気持ちが上がる⤴︎お気に入りのモノに囲まれて生活するだけで、
自分の毎日が、
そしてその積み重ねである人生が、
変わるんですよ〜〜

感情は生命力そのもの

気分を変えるっていうことは、実はすごいことなんです。

というのも、気分や感情とは生命力そのものと実に密接に関わるからです。

「生命力」っていうと何か大げさに聞こえるかもしれませんが、考えてみてください。

ふられるとかショックなことがあって、悲しみに襲われた時、
ぼーっと思いにふけったりして、
仕事も何にも手につかなくなったりしませんか?

逆に、お気に入りの曲を聴いて気分がノリノリな時、
あ〜こんなこともしたい
あんなこともやろうかな〜♪
と、積極的でやる気のある快活な自分になりませんか?

ね?
感情や気分って、生命力そのものなんです。

だから、

やりがいのある仕事に就くとか
目標の月収を稼ぐとか
パートナーができるとか

そんな人生における比較的大きな出来事を成し遂げなくても、

お気に入りのモノをそばに置いておく

そんな小さな日常のワンシーンで、気分を上げていくだけで、
自分の生命力を上げていくことって、出来る
んです。

そして、
仕事やパートナーなどは、
今すぐ思い通りに変えることは難しいかもしれませんが、

気分自体は、実は瞬時に変えることができる性質のものです。

例えば、最初の例で、毎日使うペンやコップを気分が変わるお気に入りのモノに変えることは、そんなに大変なことではないでしょう。

そんな小さなことの積み重ねだったりします。

お気に入りの曲を見つけるだけでも、気分はすごく変わりますよね。

気分を変える方法については、以前の記事もご参照ください。
→今ある「仕事」という言葉へのイメージを変えて、もっと仕事を楽しくする②

モノを大切にする

豊かな時代になって、物質社会の問題として取り上げられることがあります。

ゴミ問題による環境破壊や
人がモノやお金に支配されたり
心や精神にゆとりがなくなるなど

でもこれらの問題って、別にモノが豊かになったこと自体が悪いわけじゃないですよね。

豊かにモノが生産されるようになったこと自体は素晴らしい文明の進化です。

喜んで享受して人生を豊かにすれば良いのだと思います。

問題なのは、そうして生産したり手に入れたりしたモノを
大切にしないことなのだと思います。

なんとなく衝動で買ってしまって
すぐ飽きて使わなくなってしまったモノ

実は似たようなモノが沢山あって必要ではないモノ

そんなモノに囲まれていると
人はどんどんモノを大切にする気持ちを失っていきます。

でも、お気に入りの特別なモノに囲まれていると
人はそれを大切にします。

お気に入りの服が破れてしまったら、
私はもっと使いたいから、丁寧に縫ってなおします。

お気に入りのピアスが壊れたら、
可愛いビーズを付け足して、さらにお気に入りにリメイクします。

そういった作業そのものがワクワクです。

だって、お気に入りでルンルン使っていたその子が
なくなるなんて、嫌ですもん。

もっと一緒にいたいんです。

そういうモノに大しては、
ここに存在してくれてありがとう!
という気持ちになりますね。

本当は、特別お気に入りのモノでなくても、
人間のために生まれて存在してくれているモノ達全て
そういう気持ちでいられたらいいのでしょうが、

やっぱり好き嫌いはありますから。

でも、そういった気持ちでモノに接することが増えてくると
そういった人が増えてくると

世の中全体に存在するモノがきっと変わってくるでしょう。

デザイン性にも機能性にも素敵なモノばっかりが存在している世の中って
良いですよね〜〜〜〜
気分が上がりますよね〜

表題のアートは世界を救う、っていうのは、
そういうことを言っています。

皆がアートの感覚を大事にして

モノや行動にアート性を意識していくと、
きっと世の中はますます素敵になって
人々の気持ちは高揚していくから♪

アート性の高いものは、波動が高いのです!

買い物は選挙

私はこのフレーズが好きです。

モノを買う時、レストランに入る時、
『買い物は選挙』
その視点を思い出してみてください。

あなたが、今持っているお金(選挙権)を
何に使うか(投票するか)

で、確実に社会を変えていくことができます。

お昼を買うのに、コンビニの保存料たっぷりのお弁当を買うのか
オーガニックストアで、無農薬野菜を使ったお惣菜を買うのか

それは、

コンビニに提供している利益重視の大手食品会社に投票するのか
健康や環境を考える無農薬農家やオーガニックストアに投票するのか

そういうことですよね。

もちろん、コンビニやコンビニ弁当が悪いといっているのではありませんよ。

私だって利用しますし、やっぱりコンビニエント(便利)です。
時間も余裕もない時、便利でありがたいな〜と思って利用しています。

でも、『買い物は選挙』という意識を持っていると、

今までの10回に1回は、余裕があって、自然食品店に足を運ぶことができるようになるかもしれません。

それだけでも、その分そのお店やそこに供給している無農薬農家さんが潤いますよね。

できることから
少しずつ

それでも一人でも多くの人が、そういう意識を持って、
行動が変われば

社会はその分だけ変わっていく。

この記事を書くまで、
実は私は心のお勉強のトレーニングの影響で、かなりイライラ怒り悲しみモードでしたけど(心の奥に持っていたものを引き出す過程だったので、順調な経過なんですが…)、
今は気分がかなり良くなってきました!

気分が良くなることを考えながら、行動すると、こんなに気分が変えられるんだ〜♪と実感しています。

つい間に合わせでチェーン店のカフェに入っていましたが、
今後のために、もっと素敵な、オーナーさんを応援したくなるようなお気に入りのカフェを探しておこう!と思いました(^_^)

今日もお読みくださり
ありがとうございます。