引き止められない退職理由7選|しつこい上司への対処法も5つ紹介

引き止められない退職理由7選|しつこい上司への対処法も5つ紹介

退職するときに、上司が異常に引き止めてきて、なかなか退職させてもらえず悩んでいませんか?

  • 退職時期を延長してくる
  • 引き止めるためにあれこれ理由をつけてくる
  • 退職届を受け付けてくれない
  • 良い退職理由が思いつかない

会社に不満がある、行きたくないという理由だけでは思ったように退職できません。何よりあなたにとって悪いイメージしか持たれないでしょう。

相手に納得してもらえるように、引き止めにあいにくい退職理由を紹介します。

この記事を読んでいただければ、会社や上司に理解してもらえてポジティブな退職ができるので、是非参考にしてみてください。

会社から引き止められないおすすめの退職理由7選

ここでは、上司から引き止められない退職理由のおすすめを7つ紹介していきます。

うまく活用すれば、引き止められずにすんなり退職できる確率が上がるでしょう。
具体的な理由は以下の7つです。

  1. スキルアップなど向上心を理由にする
  2. 自分の体調面などを理由にする
  3. 結婚などを理由にする
  4. 両親や家族の都合でやむを得ないことを理由にする
  5. 違う分野にチャレンジしたいという理由にする
  6. もっと上のポジションを経験したいという理由にする
  7. 独立・開業を理由にする

それぞれネガティブな理由ではなく、前向きな理由やどうしても仕方ないといった理由にするのがポイントです。これなら納得してもらえるでしょう。

それではひとつずつ紹介していきます。

1. スキルアップなど向上心を理由にする

おすすめなのは、スキルアップなど向上心が高いことを退職理由にすることです。

スキルアップをしたい人を止める権利は誰にもありません。
基本的に頑張ろうとしている人を応援してくれることが多いのです。

向上心が高い人や能力がある人が辞めるときは、とても残念がられたり、もっといて欲しいなど引き止めは1〜2回はあるかもしれません。

しかし、あなたのことを大事にしてくれている会社や上司であれば、快く見送ってくれます。
そのため、会社を辞めるときはなるべく資格を取るとか、勉強するなどスキルアップなどを理由にするのがよいでしょう。

2. 自分の体調面などを理由にする

体調的にこれ以上仕事を続けるのは難しいと伝えるのも効果的です

会社側も無理して出勤してもらって、さらに体調が悪化されては困ります。
時短勤務などで、勤務時間の調整やシフト調整をしてくれる場合もあるでしょう。

時短勤務など内容的に納得できるものであればそのまま継続してもよいですが、それでも無理な場合ははっきりと「体調的に無理です」と伝えましょう。我慢して働き続けることにメリットはありません。

時間的、体力的にもう少し楽な職場を探しますと正直に伝えた方が良いです。

3. 結婚などを理由にする

結婚や出産などを理由に退職する場合は、ほぼ引き止められることはないでしょう。
実際に結婚するまでには至ってなくても、結婚を前提に付き合っている人がいる場合でも大丈夫です。

「家庭に入って欲しいと言われている」とか「転勤する予定なので今のうちの準備をしておきたい」などを理由にすることも可能です。もしくは、結婚を機会に働き方を変えてみたいという理由もあります。

結婚やパートナーを理由して、あなた自身だけの問題ではないことを会社に伝えれば理解してくれるでしょう。

4. 両親や家族の都合でやむを得ないことを理由にする

両親や家族の病気や介護で勤務を続けるのが難しいという理由もよくあります。

実際に両親を病院に通院させたり、介護など生活の世話をするために仕事を休まなくてはいけない場合が多いのです。

そのようなストレスを抱えながら仕事を続けるのは難しいのは会社側も十分にわかっています。
無理に仕事を続けて欲しいなどと言ってくる可能性は低いです。

5. 違う分野にチャレンジしたいという理由にする

今やっている仕事とは全く違う分野に挑戦したいという理由もおすすめです。

これまでやってきた経験や知識をもとに挑戦したくなる気持ちは上司にもわかるからです。
よほど無謀な挑戦ではない限り、あなたを応援してくれます。

まったく違う分野とはいえ共通することや、あえて違うジャンルで頑張ることで相乗効果がうまれることがあるのは会社側も理解しています。
あなたが成功するために、きっと背中をおしてくれるでしょう。

6. もっと上のポジションを経験したいという理由にする

もしほかの会社などで上のポジションの募集があるのなら、素直に「上を目指したい」とストレートに伝えるのがいいでしょう。

仕事を続けていると、今よりも重要なポジションにつけるチャンスがやってきます。
それがいまの会社であれば問題ないのですが、ほかの会社だった場合に退職をしなければいけません。

いままでチャンスに恵まれなかったが、偶然にほかの会社で役職付きのポジションの募集がかかる場合があります。あなたに能力があったとしても、会社側はほかの職員との兼ね合いや、タイミングが原因で昇進させられない場合もあるのです。

あなたが正直に伝えることで、出世が早まる可能性もありますが、あまり期待しないほうがよいです。
出世や昇進などは、その時のタイミングがあるのを会社も十分にわっているため、無理に引き止めはしないでしょう。

7. 独立・開業を理由にする

独立や開業を理由に退職する場合は、引き止めにあう可能性はほぼありません。

あなたが今まで一生懸命に取り組んできた結果が独立・開業に結びついているので、その努力を否定する人はいないからです。

もしかするとひがみなどで「おまえに独立なんて無理だ!」と言ってくる上司がいるかもしれませんが、無視して問題ありません。そんな上司が無能であることは、あなたが一番よく知っているでしょう。

基本的にこれから独立・開業するという人には、応援してくれる人のほうが圧倒的に多いのです。

会社があなたを引き止める5つの本当の理由

会社が退職するあなたを引き止めてくるのには多くの理由があります。

単純にずっといて欲しいと思ってくれているならよいのですが、上司が自分の立場を守るために引き止めている場合もあるのです。見極めをしっかりしないと後悔しかねないので惑わされないようにしましょう。

あなたを引き止めるおもな理由は以下の5つです。

  1. 人材の採用や育成が大変だから
  2. ほかの人に迷惑がかかるから
  3. 辞められると上司に責任が問われるから
  4. 会社にとって本当に必要な存在だから
  5. あなたのことを心配しているから

表面上はよく言っているけど、裏では違う場合などもあるので注意しましょう。

それでは以下で具体的に説明します。

1. 人材の採用や育成が大変だから

会社側はあなたが退職したあと、新しい人材の採用や育成が大変なので退職しないように引き止めてきます。

その理由は、あなたが辞めた後は、新たに求人広告を出したり、面接したりと面倒な仕事が増えるからです。
さらに、新入社員が入ったとしても1からすべて教育しなければならず、現場の負担が増えるのは目に見えています。

余計な仕事が増えると困るので、上司はうまいことを言ってあなたを引き止めてくるのです。

2. ほかの人に迷惑がかかるから

あなたが辞めることによって、残った社員に迷惑がかかるから引き止めてくる場合もあります。

基本的にあなたがやっていた仕事は、誰かに引き継いでから退職しなければなりません。後任の人がいればその人に全部引き継いだり、いなければ、分担してほかの人に任せる必要があります。

人によっては下記のように思う可能性もあるでしょう。

  • 自分だけ仕事を増やされた。
  • できない仕事を押し付けられた。
  • こんなに忙しくなるなら自分も辞めよう

誰かが辞めるときは会社にとっては職員の不満の原因にもなってしまい、とても気を使うのです。
そのため職員の不満の温床になったり、退職が続くなど負の連鎖が起きないように退職を引き止めてきます。

3. 辞められると上司に責任が問われるから

あなたが辞めることによって、上司が会社側から責任を問われる場合もあるでしょう。
会社にとって優秀な人材は宝なのですから、辞められて困るのは当然です。

急にやめられてしまった場合は、上司にとって都合の悪い評価をされかねません。

  • パワハラやセクハラが原因なのでは?
  • 正しく人材を評価できない人かもしれない
  • 無理な仕事を押し付けているのかもしれない
  • 上司が無能なので部下があきれているのでは?

こういった疑惑が上司の周りに広まってしまうリスクは、上司自身も理解していることでしょう。

上司も自分に不利になることはしたくないため、あなたに退職の許可を出さない場合があるのです。

4. 会社にとって本当に必要な存在だから

あなたを引き止めるのは、単純にあなた自身が会社にとってなくてはならない貴重な存在だからです。

  • 現場をまとめる能力
  • プレゼン力
  • 緻密な計画や実行力
  • ミスが少なくて仕事が早い
  • 外部企業からの評価が高い

このように、会社側にとってあなたがいなくなると損失が大きすぎるのです。
新しい人を採用したとしても、あなたの代わりが務まるような人材には巡り会えない可能性があります。

だから、会社を辞めないように言いくるめてくるのです。

5. あなたのことを心配しているから

上司や会社は、あなたのことをとても心配している可能性もあります。

他業種に転職する場合や、独立する場合はとくにその傾向が強いでしょう。
今までのあなたの功績から、本気で心配してアドバイスをしてくれる上司もいます。

一度、退職すると決意した人には雑音にしか聞こえません。
もしかすると、とても有益なアドバイスの可能性もあるので、上司の意見をしっかり受け止めたうえで判断することも必要です。

【状況別】上司に引き止められたときの5つの対処法

会社を辞めたいのにさまざまな理由で引き止めてくる場合があります。
それぞれの状況に応じて、どのように対応すればよいのかを知っておくべきです。

ここではその状況別にどのような対処方法は望ましいのかを解説します。

  1. 給料など好条件を提示されたとき
  2. 人事異動や他部署異動を持ちかけられたとき
  3. 退職の時期を延ばされたとき
  4. 情に訴えかけてくるとき
  5. 将来の不安を煽ってくるとき

よくあるシチュエーションをまとめてみました。
詳しく解説していくので、是非参考にしてみてください。

1. 給料など好条件を提示されたとき

退職を申し出たときに「給料をアップさせるから辞めないで欲しい」とか「役職をつける予定だから辞めないで欲しい」と言われる場合があります。

基本的にこのような甘い誘惑に惑わされてはいけません。
会社や上司は、都合のよいことばかりを言っている可能性が高いです。

もし今後の給料や待遇などの条件が変わるのであれば、きちんと書面に提示してもらい確約してもらう必要があります。
しかし、ほとんどの場合は口約束なので、気にせず退職の話し合いを続けましょう。

2. 人事異動や他部署異動を持ちかけられたとき

人事異動や他部署に異動をすることで対処してくる場合があります。
会社自体の不満があったり、ほかの職場に興味が移ってしまっている場合は惑わされないようにしましょう。

今の職場の人間関係や仕事内容が辛い人にとっては一時的に良いかもしれませんが、根本的な解決にはなっていないからです。

合わない人と部署が変わったり、仕事内容の変化によって仕事はしやすくなりますが、長続きはしないでしょう。
退職したい本当の理由を思い出して、惑わされないようにする必要があります。

3. 退職の時期を延ばされたとき

あなたが申し出た退職日を延長されたときは、状況によって柔軟に対応する必要があります。

会社は滞りなく業務をする必要があるため、繁忙期であったり、人員が極端に少ない時期はずらして欲しいと交渉してきます。

円満でかつスムーズに退職したいのなら、ある程度は会社側の要望に応えてあげたほうがよいでしょう。

退職時期を1〜2ヶ月遅らせるか、もしくは早めにやめて次の人材を探してもらうのがおすすめです。

しかし、精神的にも体力的に難しい場合は、無理をする必要はありません。
自分に体を犠牲にしてまで退職を延長する理由はないので、きっぱりといつまでに退職しますと伝える必要があります。

4. 情に訴えかけてくるとき

情に訴えかけてくるタイプの上司がいますが、このときの対処法は冷静になってその言葉が信じられるか確かめましょう。

  • 君がいないと先が大変になる
  • 将来の有望株だからやめないでくれ
  • 共に会社を引っ張っていこう

このような感じで、気持ちを揺さぶる言葉をかけてきます。

そのような言葉を掛けてもらえると嬉しくて舞い上がってしまい、正しい判断ができません。
いったん上司の言葉を受け止めて「一度じっくり考えさせてください」と即答しないようにしましょう。

過去の上司の態度や言動などを思い返して、本当にそう思っているのか判断してから退職の決断をしても遅くはありません。

5. 将来の不安を煽ってくるとき

退職後のあなたの進路に対して必要以上に不安を煽ってくる場合もあります。
あなたの気持ちを確かめているのでしょう。

ちょっと不安を煽られたくらいで気持ちが揺らいでしまうであれば、退職するのは待ったほうがよいです。

逆に、それでも辞めたい気持ちが強いのであれば、多少の脅しも気にする必要はありません。
上司も知識はあなたよりも将来のことに詳しいとは限らないからです。

誰かから聞いた知識やネットの情報をもとに不安を煽っている場合がおおいので、気にする必要はありません。

スムーズに退職するためにすべき5つの行動

スムーズに退職するためには、きちんとした手順で行動することが必須です。

いきなり何の準備もせずに「明日から退職します」では退職の許可はおりません。
具体的なポイントは以下に挙げています。

  1. 退職理由を明確にする
  2. 余裕をもって行動する
  3. 退職する時期は繁忙期を避ける
  4. 就業規則を確認しておく
  5. 退職するための強い意思を持つ

退職するためには計画的に準備しておくことが大切です。
お互いに気持ちよく前に進むために、しっかりと確認しておきましょう。

1. 退職理由を明確にする

会社から引き止め合いにくくするために、退職理由を明確にしておきましょう。
退職の理由がきちんとしていないと、上司などに簡単に言いくるめられてしまうからです。

最初の理由は「辛いから」「なんとなくあの人と合わない」などかもしれませんが、退職の意向を伝えるときは必ず前向きな理由を準備しておきましょう。

前向きな理由の退職であれば、上司も無理に退職を引き延ばしたり、引き止めたりしません。
退職して次に進むためには、相手に理解してもらえる明確な理由が必要なのです。

2. 余裕をもって行動する

退職するときは余裕をもって行動しなければいけません。

円満に退職するためには、あなたがやっていた仕事をしっかりと引き継ぎする必要があるからです。
急な退職は会社に迷惑がかかるだけでなく、あなた自身の評価を下げてしまいかねません。

また、あなたが現在取り掛かっている仕事も終わらせたり、区切りをつけられるような期間を設ける必要もあるでしょう。

退職の意向を伝える前から、退職に向けて粛々と準備をしておくのもよいです。
一般的には退職まで1ヶ月くらい余裕をもたせておくのがベストです。

【退職代行】引き継ぎなしで辞めてもいいの?トラブルを回避する3つの方法」という記事も参考になるので、一緒にご覧ください。

3. 退職する時期は繁忙期を避ける

退職の時期は繁忙期は絶対に避けるべきです。

会社から退職時期の延期もしくは引き止めにあう確率が高くなってしまいます。
もしくは、自分が予想していた時期よりも早く退職させられてしまう可能性もあるのです。

会社側は繁忙期の業務効率は落としたくありません。そのため、引き止めるのが難しいと判断したら、早めに切って新しい人材を早く育てるほうが良いと判断するでしょう。

「ボーナスがもらえない」「無収入の期間が増える」などデメリットになりかねないので、退職時期はしっかりと吟味して、繁忙期などは避けるようにしましょう。

4. 就業規則を確認しておく

退職を決意したら真っ先に確認すべきなのは就業規則です。

退職をするときに14日以上たてば退職できるという法律がありますが、あくまでもこれは最終手段です。
できるなら穏便に退職するほうが好ましいので、就業規則を確認して退職は何ヶ月前に申告するべきなのか確認しておきましょう。

その他に、退職金の規定や有給消化の取得に関しても確認しておく必要があります。
退職時に不要なトラブルを避けるためにも就業規則の確認は必須です。

5. 大事なのは退職する強い意志をもつ

退職するときにいちばん大切なのは、あなたの強い気持ちです。

決意がしっかりしている人は、言動や行動が見ていても気持ちが相手に伝わります。
この人は説得しても無理だと思わせることが大切なのです。

相手が何と言おうが「絶対にやりたいことがある」「新しい環境で挑戦したい」など、強い気持ちでいましょう。

意思が強ければ、向かい風があっても必ず会社を辞められます。

引き止めがあまりにもしつこい会社には第三者の介入も必要

あなたがどんなに退職を切り出しても、しつこく説得してくる上司やまったく取り合ってくれない会社もあります。
1人で解決したくても限界があり、すんなり退職するのは難しいでしょう。

そのようなときは、第三者に介入してもらうのがおすすめです。
退職代行というサービスはご存知でしょうか。

ここ数年で一気に認知度が上がり利用者が増えてきているのです。

退職代行Jobsのような業者にお願いすれば、あなたに代わって会社に退職の意向を伝えてくれます。

  • 気が弱くて退職の意向を伝えられない
  • 優しいので引き止めを断れない
  • いつも上司に言いくるめられてしまう

このような感じで、思うように自分の意見を伝えられなくて我慢している人もいます。
第三者である退職の専門家がしっかりとサポートしてくれるため、間違いなく退職できるでしょう。

上司がしつこい、会社が辞めさせてくれない場合は、退職代行を選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

会社が辞めさせてくれないときの退職については「【バックレ危険】辞めさせてくれない会社を合法的に1日で辞める裏技」でも詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

退職理由と意思が明確なら引き止めにあっても会社をやめられる

引き止められない退職理由を考えるのはとても大事なことです。
あなたの意思がしっかりしていないと、すぐに言いくるめられたり、退職時期を延期させられてしまいます。

そのためにもしっかりと強い気持ちをもちましょう。

  • 前向きな退職理由のほうが引き止めにあいにくい
  • 退職時期は迷惑がかからない時期にする
  • 前向きな退職理由のほうが引き止められにくい
  • 引き止めがひどい場合は退職代行も考慮する

新しい職場で再出発するためには、気持ちよく会社を辞めたいものです。
会社の事情も考えつつ、しっかりと退職するための理由を考えて準備していきましょう。

強い気持ちさえあれば相手も理解してくれるので、自分の気持ちをしっかり固めて行動することが大切です。

もしそれが難しいのなら、退職代行Jobsなどの退職代行サービスの利用を検討しつつ、退職成功を勝ち取りましょう。

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。