会社を辞めるタイミングや準備について解説! ~退職時期はいつがベストか?~

会社を辞めるタイミングや準備について解説! ~退職時期はいつがベストか?~

会社を辞めるタイミングや準備について解説! ~退職時期はいつがベストか?~

会社を辞めたいと思っている人の中には「辞める時期はいつがベストか知りたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

ボーナスや求人数を考慮すると、辞めることにベストなタイミングがあります。そこで今回は、ベストな退職時期や、円満退職に向けた準備のポイントをご紹介します。

会社を辞めたいと考えている人、辞めようか検討している人は参考にしてみてください。

この記事の目次

退職を切り出す時期は退職日の1ヶ月前

日本の法律では労働者の意思による退職は、原則として自由とされています。ただし、期間の定めのない雇用契約は民法で退職日の2週間前までに雇用契約の解約の申し入れをすることが義務付けられているのです。その為、遅くとも2週間前までに退職届を提出するなどして、退職の意思を示すことが必要となります。

ただ、法律上は2週間前までとされていますが、退職したい日の1~2ヶ月前までに会社に退職の意思を伝えることが一般的です。引き継ぎなどの準備がありますので、なるべく早めに退職の意思を伝えるようにしましょう。なお、次の転職先が決まったなど、退職することが明らかであれば、可能な限り早めに相談することをおすすめします。退職の意思表示はできるだけ早めにしたほうが無難です。

業務が落ち着いている時期に辞めることがベスト

繁忙期はどうしても人手が要りますよね。忙しい時期に退職しようとすると、会社から引き止められる可能性が高いです。また、「忙しいのに辞めた」と人間関係で気まずくなる危険性があります。退職をする時期は、比較的業務が落ちついているタイミングで行うことがベストです。

退職日はもちろん、退職の相談や交渉を行う日も、なるべく繁忙期を避けましょう。1年のうちで業務が落ち着く月を選んで退職の意思表示を始めることが大切です。もし次の転職先が決まっているなら、入社日前に辞められるように余裕を持ったスケジュールで退職の意思を伝えることを推奨します。入社日が明確であれば、引き継ぎも考えて遅くとも3ヶ月前くらいから動き出すと良いでしょう。

退職におすすめな3つのタイミング

業務が落ち着いている時期に退職することが前提ではありますが、合わせて、退職におすすめな3つのタイミングをご紹介します。

ボーナスを貰ってから退職するなら8月か1月

退職した後は、何かと金銭的な負担が生じます。金銭面でお得に辞めたいなら、ボーナスを貰ってからの退職がベストです。会社にもよりますが、ボーナスは7月頃と12月頃に支給されます。退職は、ボーナスを受け取った後に行うと良いでしょう。

ただし、ボーナスを受け取ってすぐの退職は注意が必要です。ボーナスを受け取る直前に退職の意思を伝えると、事前の交渉で退職日が早められボーナスをもらえなかったり支給額を減額されることがあります。確実にボーナスを受け取ってから退職をしたいなら、ボーナスが支給された後に退職交渉を行う方法が効果的です。

転職を考えるなら10月か3月が狙い目

退職をする時は、できるだけ転職先が決まっていることが望ましいとされています。人によっては、在職中に転職活動を進め、退職前に転職先が決めることもあるでしょう。一般的に転職活動には2〜3ヶ月程度かかると言われています。少しでも早く次の転職先を決めたいなら、求人数が多い時期に退職することがおすすめです。

1年間の求人数を比較してみると、3〜4月と9〜10月の時期に新規求人が増えやすい傾向があります。年度の切り替えや新しい事業がスタートするタイミングと重なり、中途採用のニーズが高まるのです。

求人数が多い時期に退職できるように、3月退職なら1月、10月退職なら8月あたりから転職活動を開始して、退職交渉をスタートさせることをおすすめします。ただし、求人数が多い時期は転職希望者も増えますので、競争が激化する場合もあることを理解しておきましょう。求人数の多い時期は参考程度にとどめ、退職を考え始めたときから、転職に向けて動き出すことが大切です。まずは、転職サイトに登録をすることからスタートしてみても良いでしょう。

退職日は月末に合わせる

1月のうちのいつ退職するかも重要です。基本的に、退職日は月末に合わせることをおすすめします。

月末に退職しない場合、老齢厚生年金と老齢基礎年金の加入期間が1ヶ月短くなり、将来受け取れる年金額が減るリスクがあるのです。社会保険料を考えて、あえて月末以外に退職する人もいますが、長期的考えるなら月末退職の方がお得と言えます。会社と相談することになりますが、なるべく月末退職を目指すことが得策です。

会社を辞めるタイミングや準備について解説! ~退職時期はいつがベストか?~

会社を辞めるタイミング5選

退職を考える人は、それぞれ理由やきっかけがあります。会社を辞めるタイミングとしてよく挙げられる理由やきっかけを5つにまとめてみました。

大きな仕事をやり遂げた時

大きなプロジェクトが終わるなど、仕事をやり遂げたタイミングで退職を考える人は少なくないです。成功体験を得たことから、より大きな仕事をしたいなどキャリアアップを考えることが多いからでしょう。仕事も一区切りついたタイミングですので、退職意思が伝えやすいという利点もあります。

職場環境や待遇に不満がある

職場環境や待遇に不安がある人が、解決のために新しい環境を求めて退職をすることもあります。この場合、冷静に考えてから辞めることをおすすめします。退職して転職したとしても、状況が良くなるとは限らないからです。現在の環境のメリットとデメリットを考え、デメリットが大きいなら、退職を視野に入れてみても良いでしょう。退職前に、職場環境や待遇がよくならないか、改善を試みる手法も有効です。

新卒入社してから3年経過した

終身雇用が崩壊した昨今、1つの会社に長く務めることが必ずしも有効とは言い切れなくなりました。入社してから3年経過すると、「現状のままで良いのか」と疑問を感じる時もあります。新卒入社してから3年の場合、まだ年齢も若いですので、他にやりたいことが見つかったのなら思い切って転職のために退職してみても良いでしょう。社会経験を積んだことで、新卒の就職活動時とは違った視点から、会社について考えることができるようになっている可能性が高いです。

部署異動や転勤があった

部署異動で希望の部署に配属されなかったり、予期せぬ転勤があると退職のきっかけとなります。仕事に対するやりがいの消失につながるケースもあるのです。新しい環境や人間関係になじめないことも退職を考える要因と言えます。別の会社に活路を見出すことも一つの道です。ただし、退職をするかどうかよく考えてから決断することをおすすめします。

仕事へのやる気を失った

長く働いていると、仕事に対する楽しみややる気を失うこともあります。人生の中で仕事をする時間は長いですので楽しさを感じられないと続けることが苦痛です。人間関係や取引先との関係など、様々なきっかけが退職につながることもあります。自分のキャリアを棚卸して、新しい道に進むことも選択肢として有効と言えるでしょう。

退職理由は個人都合でOK

退職すると決めたら、退職の意思を会社側に伝えます。その際の理由は個人都合でOKです。退職の意思を伝える時に、上司や会社に対する不満を伝えると「不満点を改善するので辞めないで」と引き止められてしまう場合があります。最初に「お世話になったのですが」と、上司や会社への経緯を伝え、落ち着いた丁寧な言葉で退職の意思を伝えると好印象です。

なお、退職の時期に関しては「○月に退職したい」とはっきり伝えましょう。時期をあやふやにしていると、交渉時に退職日を伸ばされてしまう可能性があります。「○月○日に絶対退職します」と強く言い切るくらいの心構えで伝えることも大事です。

引き止められにくい退職理由5選

会社側から引き止められてしまい退職交渉が長引くことがあります。可能であれば、引き止められにくい退職理由を用意しておくと、話し合いがスムーズに進められる可能性が高いです。引き止められにくい退職理由を5つ紹介しますので、活用してみてください。

理由1:キャリアアップ

応援したくなる前向きな退職理由は、引き止められにくいです。キャリアアップの為の退職であることを伝えると、スムーズに退職交渉が進む可能性が高いでしょう。新しい道へ進むなど前向きな退職理由がある時は「今後〇〇の分野に進みたいと考えております」と、前向きな言葉で退職理由を伝えることもおすすめです。

理由2:家族の介護

家族の介護は引き止めにくい退職理由の筆頭に挙げられます。引き止められる可能性が高い時は、家族の介護を理由にすることも一つの手法です。

理由3:結婚をする

寿退社をする人は少なくないので、引き止められにくいです。おめでたいことですから、会社側も協力的になる可能性があります。

理由4:家業を継ぐ

特に上京している人が田舎に帰って家業を継ぐケースもあります。こちらも家族の問題を含んでいますので、引き止められにくいです。

理由5:友人の会社を手伝う

インターネットなどの技術の発達から起業する人も増えてきました。友人の会社を手伝うなどの理由は、前向きであり個人的な人間関係にも関係してくるので引き止められにくと言えます。

親しい人でも退職の考えがあることは言わない方が良い

退職を考えているなら、その考えを親しい人であっても同僚や先輩に話すことはおすすめしません。会社の人に伝えることによって、噂が広まり上司から呼び出しがかかって退職交渉が難航する場合があります。親しい間柄であったとしても、社内の人に退職を考えていることは話さない選択が無難です。仮に口止めをしたとしても、人間関係が気まずくなってしまうリスクがあります。社内の人には、会社側との退職交渉が進み、退職日がはっきりしたあとで挨拶をして知らせることをおすすめします。

会社を辞めるタイミングや準備について解説! ~退職時期はいつがベストか?~

会社を辞める時期は転職活動を考慮して決めると不安が少ない

次の転職先を決めずに会社を辞めることはリスクが大きいです。辞めてからのんびり探そうと考える方がいるかもしれませんが、転職活動は数ヶ月かかる場合が多く、すぐに転職先が見つかるとは考えづらいです。退職日は転職活動との兼ね合いを考慮して決める方法も有効と言えます。大きく2つのパターンをご紹介しますので参考にしてみてください。

パターン1:転職先と入社日が決まっている場合

転職先や入社日が決まっているなら、スケジュールが立てやすいです。1番のポイントは、退職を希望した日までにしっかり辞めることと言えます。退職の意思を伝えたあと、引き継ぎや有給消化をすることも考慮して早め早めに動くことが大切です。入社日までに辞められないと、転職先にも迷惑をかけてしまう恐れがあるので、自分でスケジュールを立てて、しっかり行動していきましょう。

理想を言えば入社日が決まっているなら、入社日の前日に退職することがベストです。理由としては、健康保険や年金の手続きを自分で行う手間が省けることや、給料がない期間を避けることができることなどがあげられます。もちろん、ブランクの期間にやりたいことがある場合は、退職日と入社日に開きがあっても構いません。退職意思を伝えてもすぐにやめられるわけではありませんので、1〜3ヶ月程度余裕を持って、退職意思を会社に伝えることが望ましいです。

パターン2:転職活動をしながら退職交渉をする場合

転職先が決まっていない段階から退職交渉をスタートさせる方は多いです。この場合、期日がありませんので、自分の強い意志で「○月○日までに退職します」としっかり伝えることが肝心です。有給などが残っている時は、有給を全て使い切ってから辞めることをおすすめします。後々もめると厄介ですので、事前に有給やボーナスの権利を取得してから、その1ヶ月くらい後に辞めると切り出すと良いでしょう。

退職日までに転職先が決まっていなくても焦らないように、退職交渉をしながら同時に転職活動も行うことが大切です。転職活動に関しては転職エージェントなど、プロの力を活用して効率よく行うことがおすすめできます。

すぐに辞めたい時は強行突破も可能

ブラック企業やパワハラがあるなど、止むに止まれぬ事情ですぐに会社を辞めたいという方もいます。法律上、期間の定めのない雇用契約では退職の意思を提示すれば2週間後に辞めることが可能です。例えば、会社に退職願を内容証明郵便で送付することで強制的に退職をすることもできます。

しかし、こちらは最後の手段です。辞めてからも書類のやり取りをしたり、会社の人と顔を合わせる可能性はゼロではありませんので、できるかぎり円満退職を目指す方法が効果的と言えます。会社とはできる限り良好な関係を維持したまま退職をすることが望ましいです。もし心身に不調をきたしているのであれば、医師や弁護士などサポートできるプロに相談をしてみましょう。

円満退職に向けた準備の5つのポイント

円満退職を考えているなら、事前準備が大切です。こちらでは円満退職に向けた準備の5つのポイントをご紹介します。

まずは上司に退職の意思表示を示す

退職を決めたなら、まず上司に退職の相談をしましょう。就業時間後や休憩時間など、業務から離れた時間を選ぶことが肝心です。事前にメールなどでアポイントをとり、上司の時間をあけてもらっておくとスムーズに退職の意思表示をすることができます。直属の上司か人事の権限がある人に退職意思を伝えることがポイントです。遅くとも1ヶ月前には行うことが大切と言えます。なお、その際は事前に就業規則を確認して、必要な事項をチェックしておきましょう。

退職願を提出し引き継ぎを行う

上司に退職の意思を伝えたら、退職届の提出に移ります。退職届は退職日が確定した後に提出するものです。退職願と退職届は違います。退職願は、退職の申し出をする際に提出しますが、退職届より効力が弱く、提出しないこともあります。大事なのは退職届ですので、忘れずに提出するようにしましょう。

そして、残された人がなるべく困らないように引き継ぎを行うことが肝心です。ただし、退職の意思を伝えても引き止められてなかなか受理されない場合もあります。その時は日頃から自分しかできない仕事を減らしたり、いざという時の為の引き継ぎマニュアルを用意しておくと安全です。自分でできる範囲で準備を進めておくと、退職交渉をスムーズに進められる可能性が高くなります。

退職までに必要な手続きを済ませる

引き継ぎやお世話になった方への挨拶と合わせて、各種の手続きを済ませておくことも大事です。特に住民税支払方法の確認は退職日当日までに済ませておきましょう。必要な手続きに関しては、人事部の担当者などと相談しながら詰めていくことをおすすめします。

有給消化などを使う場合は、必要な事務手続きに必要な日にちの確保を忘れないことが大切です。なお、有給は残っているなら基本的に全て使い切ってから退職することを推奨します。有給日数を予め計算しておき、会社と相談しながら取得しましょう。

退職日当日は返却物を返す

退職日当日は、会社から貸し出されているものを全て返します。社員証や名刺、会社で購入したものなどを漏れなく返すことが肝心です。なお、パソコンの中身もしっかりチェックしましょう。会社の規定にもよりますが引き継ぎに必要なデータを残し、個人的なファイルなどは削除してなるべくきれいな状態で返すことを推奨します。

必要な書類を受け取る

そして当日に必要な書類を受け取って、会社を去ります。離職票、雇用保険被保険者証、源泉徴収票、年金手帳などのうち、受け取ることができる必要書類は可能な限りその日に受け取っておくのが無難です。今後会社に来なくて済むように、チェック表を作って滞りなくやり取りしましょう。退職後に離職票などが郵送されてくる場合は、退職後の住所を会社に伝えておくことが肝心です。

就業規則は会社のルールブック

退職したい時は、事前に就業規則を確認しておくことをおすすめします。就業規則とは、会社のルールをまとめたものです。退職の意思表示を示す時期も言及されている場合がありますので、事前によく確認しておくことをおすすめします。就業規則はいつでも社員が閲覧しやすい位置に置かれているか簡単に見れる場所に置く義務がありますので、誰でも確認が可能です。

なお、会社にもよりますが、人事部が就業規則を閲覧している人をそれとなくチェックしている場合もあります。退職事項を見る時は、誰かにみられているかもしれないことを意識しておくと良いと言えます。

家族の説得も大事な要素

家族がいる場合は、退職したいことを家族に相談しましょう。会社の都合とは別で、退職日に関して家族の希望がある場合もあります。家族を説得する必要がある時は、退職後のプランや当面の生活費の確保、退職をしたい理由などを明確化して示してあげることが肝心です。特に次の転職先が決まっていない時は家族も不安になりますので、しっかりと自分の気持ちや考えを家族に伝え、協力を得ながら退職に向けた活動をしていくことが望ましいと言えます。

会社を辞めるタイミングや準備について解説! ~退職時期はいつがベストか?~

辞めると決めたら後ろは振り返らない

会社に退職の意思を伝えても、退職交渉が難航することがあります。その際に「辞められると周りの人に迷惑がかかる」など、強引な引き止めにあったら注意が必要です。もし必要な人材を確保できないとしてもそれは会社の責任と言えます。辞めると決め、引き継ぎなどの手続きを行ったのなら、後は後ろを振り返らず強い意志で退職を行いましょう。日本では、法律上労働者の自由意志で退職が可能です。責任をおいすぎないように自分を守ることも大切なことと言えます。

退職時期が被った時は柔軟に対処しよう

複数名と退職時期がかぶると、退職したいと言いづらいですよね。ボーナスを取得した後や、求人数が多くなる時期は、同じように退職を考えている人が次々と辞める場合もあります。退職時期が被った時は、柔軟に対処することがポイントです。

まずは、本当に退職したいのかもう一度よく考えましょう。例えば有給を使って少し考える時間を作るなど、落ち着いて考えられる状況を確保する方法も有効です。よく考えた上で、退職の意思が固いのであれば、被ったことを気にしすぎずに上司に退職の意思を伝えましょう。時期を読みすぎて、行動が遅くなると行動しづらくなる原因となりやすいです。

複数人が同時に辞める場合、上司から退職日について延長できないかなどの相談されることがあります。転職先が確定していないならば、臨機応変に対応することができますので、会社側とよく相談をすることをおすすめします。転職先が決まっている時は、退職日をずらせる可能性は低いですので、きっぱりと希望した日に退職したいことを伝えましょう。多少仕事がやりづらいと感じるかもしれませんが、転職先にも関係することですので淡々と割り切って行動することが大切です。

退職が決まっても業務には手を抜かない!

退職が決まっても、日々の業務に手を抜くことはしないようにしましょう。人間関係に遺恨を残してしまうリスクがあります。給料が発生している以上、必要な仕事はきっちり行うことが大切です。退職した会社の人と、何かのタイミングで関わる機会がある場合もあります。良好な人間関係をなるべく維持したまま退職をすることが望ましいです。

引き継ぎをする時は、押し付けるのではなく、全体の流れを覚えてもらいながら細かい事項を伝えていきましょう。マニュアルが作ってあると、退職した後も役立ててもらえるので便利です。もし時間がありそうなら、コツコツとマニュアルを作って残しておくことを推奨します。

退職が大変だと思ったら退職代行サービスを使うことがおすすめ

退職の時期は、ボーナスや求人数の多さを考慮しつつ決めると良いでしょう。ただ、ここまで読んで退職が大変だと思った方もいるのではないでしょうか。もし、退職を上手く切り出せなかったり、退職意思を伝えたけれど聞いてくれないという方がいるのなら、退職代行サービス「退職代行Jobs」の利用を検討してみてください。退職の苦痛から開放されますよ。