会社を辞めるタイミングと円満退職する5つのポイントを解説

会社を辞めるタイミングと円満退職する5つのポイントを解説

会社を辞めたいと思っている人の中には「辞める時期はいつがベストか知りたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

タイミングを間違えると会社との関係が悪くなり、円満退職できないケースもあります。

しかし安心してください。会社を辞めるベストなタイミングを事前に知っておくことで上記のようなトラブルを回避できます。

まだ不安の残る人に向けて、この記事では下記の内容を解説しています。

  • 会社を辞めるベストなタイミングはいつか
  • 会社を辞める前にするべき準備とは
  • 会社を円満退職するためのポイントは何か

会社を辞めたいと考えている人、辞めようか検討している人はぜひ参考にしてみてください。

会社を辞めるおすすめのタイミング7つ

会社に退職を切り出すタイミングに迷ってしまい、一歩を踏み出せないケースは多くあります。

またタイミングを間違えることで、引き止められて先延ばしになってしまたり、関係が悪くなってしまったりと、余計なトラブルに発展してしまうケースもあるので注意が必要です。

ここではそうならないために、会社を辞めるおすすめのタイミングを7つご紹介します。

  1. 次の就職先を決めてから
  2. ボーナスをもらってから
  3. 求人のもっとも多い時期
  4. 仕事の繁忙期以外
  5. 新卒入社してから3年経過した時期
  6. 新年度・年末など新体制が始まる前
  7. 年齢ごとの節目

それぞれの内容を見ていきましょう。

1. 次の転職先を決めてから

辞めてからのんびり探そうと考える方がいるかもしれませんが、転職活動は数ヶ月かかり、すぐに転職先が見つからないケースは多くあります。

もし就職先がなかなか決まらず、転職活動が長期化してしまうと、

  • 収入源がなくなることで、金銭面での不安を抱える
  • 心の余裕がなくなり、不本意な転職先を選んでしまう
  • 仕事のブランクが就職に不利に働いてしまう

上記のような、非常に大きなリスクを負ってしまう可能性もあります。

会社に勤めながら転職活動をすることで、心に余裕を持って転職先を選ぶことが可能です。また金銭的な不安を抱えることもなくなるでしょう

やむを得ない事情がある場合以外は、次の転職先を事前に決めて余裕を持って退職することをおすすめします。

2. ボーナスをもらってから

退職した後は何かと金銭的な不安が生じます。そのため金銭面で不安を少しでも軽減したい場合はボーナスを貰ってからの退職がベストです。

会社にもよりますが、ボーナスは7月頃と12月頃に支給されます。退職はボーナスを受け取った後におこなうことをおすすめします。

いくらボーナスを貰った後といっても、ボーナスを受け取ってすぐに後に、退職日を設定することには注意が必要です。もし、ボーナスを受け取る直前に退職の意思を伝えると、

  • 退職日が早められボーナスをもらえない
  • 支給額を減額されてしまう

上記のような対応をされるケースもあります。

確実にボーナスを受け取ってから退職をしたいなら、ボーナスが支給された後に退職交渉をおこなう方法が効果的です。

3. 求人のもっとも多い時期

一般的に転職活動には2〜3ヶ月程度かかると言われています。少しでも早く次の転職先を決めたいなら、求人数が多い時期に退職することがポイントです。

1年間の求人数を比較してみると、3〜4月と9〜10月の時期に新規求人が増えやすい傾向あります。

そのため求人数が多い時期に退職できるように、3月退職なら1月、10月退職なら8月あたりから転職活動を開始して、退職交渉をスタートさせることをおすすめします。

ただし、求人数が多い時期は転職希望者も増えますので、競争が激化する場合もあることを理解しておきましょう。

4. 仕事の繁忙期以外

忙しい時期に退職しようとすると、会社から引き止められるケースが多くあります。ほかにも「忙しいのに辞めた」と人間関係で気まずくなる危険性もあります。

そのため退職をする時期は、比較的業務が落ちついているタイミングでおこなうことがベストです。また退職の相談や交渉をおこなう日も、なるべく繁忙期を避けましょう。

1年のうちで業務が落ち着く月を選んで退職の意思表示を始めることが大切です。

もし次の転職先が決まっているなら、入社日前に辞められるように余裕を持ったスケジュールで退職の意思を伝えることをおすすめします。

5. 新卒入社してから3年経過した時期

終身雇用が崩壊した昨今、1つの会社に長く勤めることが必ずしも有効とは言い切れなくなりました。

入社してから3年経過すると「現状のままで良いのか」と疑問を感じる時もあります。

新卒入社してから3年の場合、まだ年齢も若いので、ほかにやりたいことが見つかったのなら、色々な経験を積むために思い切って転職のために退職を検討しましょう

社会経験を積んだことで、新卒の就職活動時とは違った視点から、会社について考えることができるようになったこのタイミングがおすすめです。

6. 年末・年度末など新体制が始める前

一般的に年末の12月や年度末の3月にターム制を設けている会社が多く見受けられます。

会社を退職をするには、この年末・年度末を狙っておこなうことがおすすめです。

なぜなら年度の切り替えや新体制がスタートするタイミングは、求人数が増加し中途採用のニーズが高まるので、転職希望者にとっても転職先の選択肢を広げることに繋がります。

また年度の区切り目は人の流れが多いため、引き継ぎやあなたが辞めたことによる穴埋めをスムーズにおこなえるメリットもあります。

7. 年齢ごとの節目

退職をするタイミングは人によってベストなタイミングは異なります。

退職を決める時期として年齢ごとの節目に検討することもおすすめです。

  • 新卒入社してから3年経過した25歳
  • 新卒入社してから業務経験が10年経過した32歳
  • ステップアップのため最後の挑戦をする39歳
  • 独立して新たな道を行く45歳

上記のように自分はこれからどういう経験を積み、どういう道に進みたいかなど、その時の自分の気持ちを年齢と照らし合わせて決断することも可能です。

自分としっかり向き合うことで、意思がはっきりと固まり、よりベストなタイミングで退職できます

会社を辞めるためのおすすめな退職理由5つ

退職したい旨を伝えても、会社側から引き止められてしまい退職交渉が長引くことがあります。

そうならないためにも、あらかじめ引き止められにくい退職理由を用意しておくことで、話し合いがスムーズに進められ、円満な退職に繋がります。

  1. キャリアアップのため
  2. 家族の介護のため
  3. 結婚をするため
  4. 家業を継ぐため
  5. 友人の会社を手伝うため

ここでは、引き止められにくい上記5つのおすすめ退職理由をご紹介します。

1. キャリアアップのため

応援したくなる前向きな退職理由は、引き止められにくい傾向にあります。

そのため、キャリアアップの為の退職であることを会社に伝えることで、スムーズに退職交渉が進む可能性が高まります。

新しい道へ進むなど前向きな退職理由がある時は「今後〇〇の分野に進みたいと考えております」と、前向きな言葉で退職理由を伝えることもおすすめです。

2. 家族の介護のため

家族の介護は引き止めにくい退職理由の筆頭に挙げられます。

引き止められる可能性が高い時は、家族の介護を理由にすることも1つの手法です。

一方で退職したいがためだけに、過度の嘘をついて交渉をすると、後々バレてトラブルになってしまうこともあるので注意が必要です。

3. 結婚をするため

寿退社をする人は多くいます。そのため結婚することを理由にした退職も引き止められにくいです。

理由が非常におめでたいことですから、周りの社員から退職を祝福されるケースもあります。

また会社側も協力的に退職までの話を進めてくれる可能性もあります。

4. 家業を継ぐため

実家が何かしらの家業を営んでいる人には、家業を継ぐという退職理由は効果的です。

とくに上京している人が田舎に帰って家業を継ぐケースは多くあるので、会社に納得してもらえる可能性は高くなります。

こちらも家族の問題を含んでいますので、引き止められにくい退職理由といえるでしょう。

5. 友人の会社を手伝うため

インターネット技術の発達により、個人の企業が一般的になり、起業する人も年々増加傾向にあります。

「友人の会社を手伝う」「友達と一緒に会社をやる」などの退職理由は新たな挑戦ととらえられ、前向きに検討してもらえるでしょう。

また個人的な人間関係にも関係してくるので退職理由として引き止められにくくなります。

会社を辞める前にするべき5つの準備

一度退職を考え出したら、とにかく早く会社を辞めたい一心でロクな準備もしないまま、場当たり的に退職までの時間を過ごしてしまいがちです。

しかし、もしあなたが円満で気持ちの良い退社を望むのであれば、事前の準備が非常に重要になります。

  1. 就業規則を確認する
  2. 退職までのスケジュールを組む
  3. 任されている業務を最優先にこなす
  4. 家族を説得しておく
  5. 退職に対する強い意思を持つ

ここでは、会社を辞める前にするべき5つの準備を詳しく解説していきます。

1. 就業規則を確認する

退職をする際、会社の就業規則を違反していると、うまく退職できないケースや思わぬトラブルに陥ってしまうケースがあるので注意しましょう。

円満退職を望むのであれば、退職したい旨を会社に伝える前に、会所の就業規則を確認しておくことをおすすめします。

就業規則とは、会社のルールをまとめたものです。退職の意思表示を示す時期も言及されている場合がありますので、事前によく確認しておきましょう。

就業規則はいつでも社員が閲覧しやすい位置に置かれているか簡単に見れる場所に置く義務がありますので、誰でも確認することが可能です。

なお、会社にもよりますが、人事部が就業規則を閲覧している人をそれとなくチェックしている場合もあります。退職事項を見る時は、誰かにみられているかもしれないことを意識しておきましょう。

2. 退職までのスケジュールを組む

円満に会社を退職したいのであれば、自分だけでなく会社側の意向もしっかり汲むことが大切です。

ですので退職をする際は、あまりにも自分勝手で場当たり的な行動は避けるようにしましょう。

まずは退職から転職までの大まかな流れをしっかりとイメージし、次に工程ごとの詳細事項を洗い出し、それぞれ対策を練っておこなうようにしましょう。

しっかりとしたスケジュールを元に、会社と退職交渉をおこなうことで、お互い納得した上での円満退職に繋がります。

3. 任されている業務を最優先にこなす

退職が決まっても、日々の業務に手を抜くことはしないようにしましょう。人間関係がギクシャクし、遺恨を残してしまうリスクがあります。

そのため、任されている業務を最優先にこなし、退職する際には自分の仕事をしっかりと終わらせ、ほかの人に押し付けないことが大切です。

また引き継ぎをする際も、押し付けるのではなく、全体の流れを覚えてもらいながら細かい事項を伝えていきましょう。

マニュアルが作ってあると、退職した後も役立ててもらえるので便利です。もし時間がありそうなら、コツコツとマニュアルを作って残しておくことを推奨します。

4. 家族を説得しておく

家族がいる場合は、退職したいことを事前に相談しましょう。会社の都合とは別で、退職日に関して家族の希望がある場合もあります。

家族を説得する必要がある時は、退職後のプランや当面の生活費の確保、退職をしたい理由などを明確化して示してあげることが肝心です。

とくに次の転職先が決まっていない時は家族も不安になりますので、しっかりと自分の気持ちや考えを家族に伝えることをおすすめします。

家族の協力を得ながら、退職に向けた活動をしていくことが望ましいでしょう。

5. 退職に対する強い意思を持つ

会社に退職の意思を伝えても、退職交渉が難航することがあります。その際に「辞められると周りの人に迷惑がかかる」など、強引な引き止めにあったら注意が必要です。

もし必要な人材を確保できないとしても、それはあなたではなく会社の責任です。

辞めると決め、引き継ぎなどの手続きを行ったのなら、後は後ろを振り返らず強い意志で退職をおこないましょう。

日本では、法律上労働者の自由意志で退職できます。責任をおいすぎないように自分を守ることも大切です。

会社を円満退職するためのポイント5つ

会社を辞める際は誰でも、できるだけ円満な形での退職を希望するでしょう。では会社を円満に退職するにはどのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。

ここでは、あなたを円満退職に導くポイントを5つ紹介していきます。

  1. 会社に退職の意思表示をする
  2. 退職願を提出し引き継ぎをおこなう
  3. 退職までに必要な手続きを済ませる
  4. 退職日当日は返却物を返す
  5. 必要な書類を受け取る

上記5つを詳しく見ていきましょう。

1. 会社に退職の意思表示をする

退職を決めたなら、まず上司に退職の相談をしましょう。

就業時間後や休憩時間など、業務から離れた時間を選ぶことが肝心です。事前にメールや電話などでしっかりアポイントをとり、上司の時間をあけてもらっておくとスムーズに退職の意思表示ができます。

直属の上司か人事の権限がある人に退職意思を伝えることがポイントです。遅くとも退職予定日の1ヶ月前には退職の意思をしましょう。

なお、その際は事前に就業規則を確認して、必要な事項をチェックしておくことが重要です。

2. 退職願を提出し引き継ぎをおこなう

上司に退職の意思を伝えたら、退職届の提出に移ります。退職届は退職日が確定した後に提出するものです。

退職願と退職届は違います。退職願は、退職の申し出をする際に提出しますが、退職届より効力が弱く、提出しないこともあります。大事なのは退職届ですので、忘れずに提出するようにしましょう。

そして、残された人がなるべく困らないように引き継ぎを行うことが肝心です。このときなるべく早く引き継ぎが終わるように、マニュアルを用意しておくと安全です。

自分でできる範囲で準備を進めておくと、退職交渉をスムーズに進められる可能性が高くなります。

3. 退職までに必要な手続きを済ませる

引き継ぎやお世話になった方への挨拶と合わせて、各種の手続きを済ませておくことも大事です。

とくに住民税支払方法の確認は退職日当日までに済ませておきましょう。必要な手続きに関しては、人事部の担当者などと相談しながら詰めていくことをおすすめします。

有給消化をおこなう場合は、必要な事務手続きに必要な日にちの確保を忘れないことが大切です。

なお、有給は残っているなら基本的に全て使い切ってから退職することを推奨します。有給日数を予め計算しておき、会社と相談しながら取得しましょう。

4. 退職日当日は返却物を返却する

必要な事務手続きを済ませ、退職日当日になったら、会社から貸し出されているものをすべて返却する必要があります。

社員証や名刺、会社で購入したものなどを、漏れなく返却することが肝心です。

なお、パソコンの中身もしっかりチェックしましょう。会社の規定にもよりますが引き継ぎに必要なデータを残し、個人的なファイルなどは削除してなるべくきれいな状態で返すことを推奨します。

5. 必要な書類を受け取る

そして当日に必要な書類を受け取って、晴れて退職となります。

受け取ることができる必要書類は可能な限りその日に受け取っておくのが無難です。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳

今後会社に来なくて済むように、上記必要書類の受け取りは済んだかチェック表を作って滞りなくやり取りしましょう

退職後に離職票などが郵送されてくる場合は、退職後の住所をあらかじめ会社に伝えておくことが肝心です。

すぐに辞めたい時は強行突破も可能

ブラック企業やパワハラ受けているなど、止むに止まれぬ事情ですぐに会社を辞めたいという人もいます。

会社とはできる限り良好な関係を維持したまま、退職をすることが望ましいです。しかし、もし我慢をし続けて心身に不調をきたしてしまっては大変です。

法律上、期間の定めのない雇用契約では退職の意思を提示すれば2週間後に辞めることが可能です。

ですので最後の手段にはなりますが、会社に退職願を内容証明郵便で送付することで強制的に退職をすることもできます。

  • すぐにでも辞めたい
  • 退職の交渉を会社としたくない
  • 辞める時の書類のやりとりを会社としたくない

また上記のように、退職するにあたってもう一切会社と関わりたくないと思っている人は、退職をサポートしてくれるプロに相談をしてみるのも効果的です。

仕事を辞めるには退職代行サービスがおすすめ

今回の記事では以下のことについて詳しく解説しました。

  • 退職するベストなタイミングがある
  • 退職をする前にするべき事前準備や円満退職のポイント
  • うまく退職できないなら強行突破も視野に入れよう

退職の時期は、ボーナスや求人数の多さを十分に考慮しつつ決めると良いでしょう。

ただ、ここまで読んで退職が大変だと思った方もいるのではないでしょうか。

もし、退職を上手く切り出せなかったり、退職意思を伝えたけれど聞いてくれないという方がいるのなら、退職代行サービス「退職代行Jobs」の利用を検討してみてください。

退職代行サービスは、退職までの必要事項をすべて代行してくれます。ですので退職の旨を自ら告げ、会社と退職交渉をするなどの苦痛から開放されますよ。

また、退職代行業者を使用した際の、仕事の引き継ぎについて詳しく知りたい方は「【退職代行】引き継ぎなしで辞めてもいいの?トラブルを回避する3つの方法」をご確認ください。

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。