【必見】医療事務を辞めたい理由と対処法6選!退職時の注意点も紹介

【必見】医療事務を辞めたい理由と対処法6選!退職時の注意点も紹介

「医療事務を辞めたいのは自分だけ?」
「辞めたくるぐらい辛いときの対処法は?」
「辞めるときに注意すべきポイントは?」

このような疑問をお持ちの方が、いらっしゃるのではないでしょうか。医療事務を辞めたいと思うことはあっても、もう少し我慢した方が良いのではと迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、

  • よくある医療事務を辞めたい理由
  • 辞めたいと感じたときの対処法
  • 辞める際の注意点

について詳しく解説します。

医療事務を辞めたいと感じている人が、今後の行動を決めるために役立つ内容になっているので、ぜひ最後までお読みください。

医療事務を辞めたいと感じる理由6選

医療事務を辞めたい理由として、以下の6つがよくあげられます。

  1. いつも忙しく残業が多い
  2. 人間関係に悩む
  3. 専門知識を身につけるのが大変
  4. 給与が低い
  5. ストレスがたまる
  6. クレーム対応が辛い

それぞれについて、順番に解説します。自身にあてはまるものがないか、考えてみてください。

1. いつも忙しく残業が多い

医療事務の仕事は、1日中忙しいことが少なくありません。受付や会計業務、書類処理など仕事内容が多岐にわたっており、やるべきことが大量にあるからです。

外来時間中は患者さんの対応で手いっぱいのため「外来の終了後にカルテの整理などをまとめて行う」など、残業が前提となっている職場もあります。

しかも毎月の診療報酬請求を行う時期には、普段から多い残業がさらに増えてしまうことが多いです。仕事に追われる毎日が嫌になって、医療事務を辞めたくなる方は多いでしょう。

2. 人間関係に悩む

医療事務では、人間関係に悩む人も多い傾向があります。医療事務の職場では、限られた人としか接しないことが多いです。そのため、ひとたび人間関係のトラブルが生じると、常に悩まされることになります。

病院の人間関係は、医師を頂点としたピラミッド構造になっており、医療事務はその下の方であるため立場が弱いです。

特に接する機会が多い看護師との折り合いが悪くなると、ことある度に不愉快な思いをしてしまうことになります。職場の人と接することは避けられないため、人間関係の問題は深刻です。

3. 専門知識を身につけるのが大変

医療事務の仕事は、専門知識を身につけるのが大変という面もあります。医師や看護師など医療専門職と関わる機会が多いため、業務に必要な専門用語を理解することが求められます。

さらに診療報酬請求は専門性が高く、会計などの知識も必要になる仕事です。診療報酬請求は病院の「売上」を作ることになるため責任が重く、精神的な負担も大きくなります

専門知識を使いこなして、ミスなく業務を進めることを求められるのは大変なので、仕事を辞めたいと感じやすいでしょう。

4. 給与が低い

「医療事務は給与が低い」と感じる人もいます。医療事務は仕事量が多くて専門性が高いにもかかわらず、給与はそれほど高くない場合が多いです。

また、正社員だけではなく派遣社員や契約社員、パートタイマーの方が多いのも医療事務の特徴です。契約社員などは、どうしても正社員より給与水準が低くなります。

同じ病院の他の職種の人と給与額を比べて、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

5. ストレスがたまる

医療事務の仕事で、ストレスをためてしまう人は多いです。人の命が関わる医療機関ならではの緊張感があり、息苦しさを感じてしまう場合があります。

直接治療を行うわけではなくても、受付などで患者さんと接する機会は多いものです。ときには、普段よく話をしていた患者さんの死に向き合うこともあります。

他の事務の仕事とは違い、医療事務では独特の精神的な辛さを感じやすいといえます。

6. クレーム対応が辛い

医療事務の仕事において、クレーム対応が辛いと感じる人は少なくありません。病気やケガのせいでストレスがたまっている患者さんがいると、クレームが多くなってしまう傾向があるのです。

治療の方針に不満があると、その不満が医療事務の方に向けられることがあります。すると医療事務の方は、自分が決めたわけではない治療方針について、クレームを言われることになります。

「どうして自分が言われるのか」と不満を感じながらも、患者さんに反論するわけにもいかず、黙って聞いているしかないこともあるでしょう。

こうしたクレーム対応が嫌になって、医療事務を辞めたいと感じる方もいます。

医療事務を辞めたいと思ったときの対処法6選

医療事務を辞めたくなったとしても、退職するのは人生の中でも大きな決断です。「できれば仕事を続けたい」という方は多いでしょう。

そこで、医療事務を辞めたくなったときの対処法を6つ紹介します。

  1. 休みを取ったり気分転換したりする
  2. 注意や指摘を深刻に考えすぎない
  3. 医師や事務長に相談する
  4. 経験が今後に生きると前向きに考える
  5. 注意や指摘を受けたらメモを取る
  6. 専門用語が理解できるように勉強する

それぞれについて、詳しく解説してきます。

1. 休みを取ったり気分転換したりする

辞めたいという気持ちが強くなったときは、休みを取るとよいでしょう。体をじっくりと休めることで、精神的にも楽になることが多いです。

自分が休んで元気に働けるようになれば、病院にとってもよいことです。だからこそ、有給休暇を取ることに罪悪感を持つ必要はありません

有給休暇を取ることが難しい場合は、日常の中で気分転換することも有効です。軽く運動をしたり、好きな物を食べたりするなど、自分にとって効果的な気分転換のやり方を探してみましょう。

一時的にでも仕事を忘れてリフレッシュすることで、やる気が戻ることがあります。

2. 注意や指摘を深刻に考えすぎない

注意や指摘を、深刻に考えすぎないことが大切です。仕事でミスなどをした場合に、先輩や事務長などから厳しく注意や指摘をされることがあります。

厳しく注意をされると、落ち込んでしまうこともあるでしょう。しかし多くの場合で、先輩たちは自分のことを嫌って注意しているわけではありません。

ただ「もっと仕事で活躍してほしい」と思って言っていることがほとんどです。

注意や指摘に対する自分の受け止め方を変えるだけで、気分を変えられることがあります。必要以上に注意や指摘を気にしすぎていないか、考えてみるとよいでしょう。

3. 医師や事務長に相談する

医療事務を辞めたくなったときは、医師や事務長に相談することがおすすめです。

悩んでいることがあれば、遠慮せずに率直に話してみましょう。意外なほどあっさりと要望を聞いてもらえることも少なくありません。

医師や事務長としても、医療事務の方をどうサポートすればよいのかわからず、困っている場合が多いものです。

相談してくれる人がいると、やるべきことがはっきりするので、医師や事務長はありがたいと感じるかもしれません。

また、悩みを人に話すことで、気持ちが楽になる効果もあります。一人で悩み続けずに、思い切って相談してみることが大切です。

4. 経験が今後に生きると前向きに考える

辞めたくなったときは、経験が今後に生きると前向きに考えてみましょう。医療事務は、経験が重視される仕事です。

今の仕事をがんばることで、経験が将来の自分にとってプラスになります。医療事務としての実績があれば、転職もしやすくなるでしょう

もしフルタイムで勤務することが辛いのであれば、将来的にパートタイムで働くことも可能です。医療事務は、長い目で見たら安定した職業だと言えます。

今後を見すえて考えることで、現在抱えている問題に深刻になりすぎずに済むでしょう。

5. 注意や指摘を受けたらメモを取る

注意や指摘をされることが多くて悩んでいる場合は、メモを取ることが有効です。怒られているときにも、相手の目の前でメモを取るようにしてみましょう。

メモする姿を見せることで、相手に「反省して悪いところを直そうとしている」という印象を与えられます。

また、書いたメモを見直すことで、同じミスを避けられるようになるでしょう。メモを取ることには大きな効果があるので、ぜひ試してみてください。

6. 専門用語が理解できるように勉強する

専門用語が理解できなくて困る機会が多いのであれば、きちんと勉強することが大切です。

専門的な話についていけるようになれば、医師などからの指示をしっかり理解できるので、仕事のミスを減らすことにつながります

コミュケーションがスムーズになることで、人間関係が改善することもあります。

業務以外の時間に専門書を読むだけでも、必要な用語が身についていくので、試してみるとよいでしょう。

より本格的に学びたい場合は、資格取得を目指して勉強するのもおすすめです。

医療事務を辞める際の3つの注意点

医療事務を一時の感情で辞めてしまうと、後で後悔することになりかねません

そこで、医療事務を辞める際に注意すべき点を3つ紹介します。

  1. 無断で辞めない
  2. 転職の準備を進めておく
  3. 職場環境で優先したいことを決めておく

順に詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1. 無断で辞めない

仕事を辞める際には、無断で辞めることは避けましょう。無断で辞めてしまうと、医療事務の仲間だけでなく、病院全体に迷惑がかかってしまうからです。

「退職する」という意思を伝えてもらわなければ、病院としても新しい人を採用するわけにもいかず、人手不足の状態が続くことになります。

また、無断で辞めたことが知られると、転職活動で不利になる可能性もあります

自分にとっても職場にとっても不幸な結果となるため、無断で辞めるのは絶対に避けましょう。

2. 転職の準備を進めておく

医療事務を辞める際には、あらかじめ転職の準備を進めておくことが大切です。

「退職後に転職活動をすれば問題ない」と考えていると、すぐに転職先が見つからず、収入が途切れてしまう危険があります

辞める前に転職先を決めておくのが理想的です。できるだけ早い段階から、転職活動を初めておきましょう。

また、転職活動することで「辞めようと思えばいつでも辞められる」という余裕が生まれやすくなります。精神的に余裕ができると、現在の職場に残る場合でも良い影響がある場合が多いです。

3. 職場環境で優先したいことを決めておく

転職活動をする際には、次の職場環境で優先したいことを決めておきましょう。なぜなら転職したとしても、すべての不満を完全に解消することは難しいからです。

優先したいこととしては、以下のような要素があげられます。

  • 給与
  • 仕事内容
  • 残業時間
  • 人間関係

こうした要素のうち、どれが自分にとって最重要かを意識して転職活動をすることで、納得のいく転職がしやすくなります

次の職場でも同じ悩みを抱えることを避けるため、事前に優先したいことを決めておくことが大切です。

おすすめの退職代行業者3選

医師や事務長に退職の意思を伝えるのを辛いと感じて、医療事務を辞めるのをためらってしまう方もいるでしょう。

その場合には退職代行業者を利用すれば、医師や事務長と直接話をしなくても、スムーズに退職の手続きを進められます。

そこで、実績があって信頼できる業者を3つ紹介します。

  1. 退職代行Jobs
  2. 弁護士法人みやび
  3. 退職代行ニコイチ

それぞれの特徴を理解したうえで、自身に合った業者を選びましょう。

1.退職代行Jobs

運営会社 株式会社アレス
利用料金 27,000円+労働組合費2,000円
対応時間 24時間いつでも相談可能
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、現金翌月払い、コンビニ決済
返金保証 あり
退職代行Jobsのおすすめポイント
  • 労働組合との提携で会社との交渉が可能
  • 退職後の不安も相談OK!
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
  • 支払い方法が複数あり安心
退職代行Jobsでは、退職代行サービスであるものの、転職時の不安を軽減するカウンセリングをおこなっています。

退職後はこれからの働き方で心配が募ることもありますよね。退職代行Jobsなら無料でカウンセリングを受けられるのでとても安心です。

また退職代行Jobsは労働組合と提携もしているため、残業の未払いや有給消化などの交渉も可能。

24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!料金もリーズナブルなためコスパ最強の退職代行です。

2.弁護士法人みやび

料金 55,000円
対応時間 10:00~21:00
クレカ決済の有無  無
返金保証の有無  無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

3. 退職代行ニコイチ

料金 27,000円
対応時間 7:00~23:30
支払い方法 銀行振込
クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 創業16年の老舗
  • 業界最安値の27,000円
  • 退職率100%(2021年4月現在)
  • 退職成功者20,000人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業16年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに20,000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の27,000円は魅力的です。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。