【評判・口コミ】退職代行「EXIT」のサービス内容と料金を徹底解説

【評判・口コミ】退職代行「EXIT」のサービス内容と料金を徹底解説

「退職代行EXITの口コミや評判が知りたい」
「そもそも退職代行EXITってどんなサービス?」

退職代行EXITはメディアでも取り上げられたことのあるため名前は聞いたことがある人は多いですが、実際にどんなサービスかわからないと不安で使う気になれないですよね。

そこでこの記事では、退職代行EXITについて以下の内容をご紹介します。

  • 退職代行EXITのサービス内容
  • 退職代行EXITを利用するメリット・デメリット
  • 退職代行EXITの評判と口コミ

安全な退職代行を利用していますぐ会社を辞めたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

退職代行EXITのサービス内容を紹介

退職代行EXITのサービス内容を紹介

概要 退職代行
料金 一律5万円(※アルバイト・パートは一律3万円)
対応時間 24時間 対応

退職代行とは「退職に必要な連絡を代行してくれるサービス」です。あなたが会社に直接言いにくい退職の報告や退職に関わる手続きを代行してくれます。

退職に必要な報告は以下のとおりです。

  • 上長に申告
  • 部長と面談
  • 社長と面談
  • 退職届の提出

上記は、退職代行を利用すれば仲介役としてすべてを行ってくれます。

EXITは退職代行の中でも知名度が高く、NHKにも取り上げられたことがあります。名前の信頼性から退職代行業者としてEXITを選ぶ人は多いです。

退職代行EXITのメディア歴

退職代行EXITのメディア歴

退職代行EXITは、退職業界のなかでもトップクラスのメディア露出です。有名なメディアでは、以下で特集されています。

  • フジテレビ

>>言い出せない本人に代わって「会社辞めます」 なぜ?急増する退職代行サービス(https://www.fnn.jp/articles/-/2276)

  • 日経新聞

>>「仕事辞めます」に3万円、退職代行サービス広がる(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40056340W9A110C1XQD000/)

  • 朝日新聞

>>「使えない」上司に責められ…退職代行、私が頼んだ理由(https://www.asahi.com/articles/ASM2M5F5FM2MPTIL023.html)

  • 週刊女性

>>セクハラ、パワハラだけじゃない「ブラック企業」驚愕すぎる実態と期待の“救世主”(https://www.jprime.jp/articles/-/13108)

上記を含めて、合計15個のメディアに掲載された実績があります(2021年10月現在)。退職代行は怪しいと思われている中で複数のメディアに掲載された実績があるため、業界の中でも安全に利用できるサービスとして注目を集めています。

退職代行EXITのメリット6選

退職代行EXITにはどのようなメリットや特徴があるのでしょうか。この記事では退職代行EXITのメリットを6つご紹介します。

  1. 即日退職できる
  2. 退職成功率は100%
  3. 会社への連絡は不要
  4. 追加料金は一切ない
  5. 2回目の利用は1万円引き
  6. LINEで無料相談できる

EXITを利用すれば誰でも受けられるメリットです。

それでは以下で詳しくご紹介します。

1. 即日退職できる

EXITは退職の相談をした当日から、退職代行の業務を開始してくれます。そのため、連絡したその日から退職ができます。

退職したい人の中にはパワハラ・セクハラを受けて、精神的にも会社に行くのが辛い人がいるでしょう。そんな「いますぐ退職したい」という方を助けるためにスピード退職ができる業者がEXITです。

EXITは「いますぐ退職したい」方にいつでも対応できるように、24時間体制の対応もしています。深夜に悩んで誰かに相談したいときでも、EXITに連絡すると即日退職の手続きができます。

2. 退職成功率は100%

EXITの退職成功率は100%です(2021年10月現在)。そのため、あなたがEXITに退職代行を依頼すれば、確実に明日から会社にいく必要がなくなります。

自分で退職の意思を上司に伝えると、ほとんどの確率で引き留めされるでしょう。会社としては人材がいなくなることは、新人の再教育や求人などのコストがかかるからです。引き留めにあったり会社から退職を拒まれたりすると、退職できる日がどんどん先延ばしになります。

しかし、EXITに退職代行を依頼すれば、引き留められることなく確実に退職できます。もし、あなたがこれまでに自分で退職しようとして失敗した場合でも、EXITでスムーズに退職できるでしょう。

3. 会社への連絡は不要

EXITで退職代行を依頼すれば、会社に退職の意向を伝える必要はありません。

あなたが上司からのパワハラ・セクハラや、同僚との人間関係にトラブルがあって退職する場合、会社に退職を伝えにいくことも辛いですよね。しかし、EXITを利用すれば、そもそも会社に行く必要がありません。

退職に必要な手続きなども、あなたが書いたものを郵送するだけですべてEXITが代行してくれます。

会社にいくのが辛い人は、EXITを利用すると家にいながら退職の手続きを済ませられます。

4. 追加料金が一切ない

退職代行の中には、有給の取得や退職金の獲得などの成果に応じて追加料金がかかる業者があります。しかし、EXITなら追加料金は一切かからず、最初に支払う料金で退職の手続きを代行してくれます。

EXITの利用料金は以下のとおりです。

  • 会社員      :一律5万円
  • アルバイト・パート:一律3万円

追加料金がかからないため、利用の手続きが済めば安心して任せられます。申込みと料金の振込が終われば、退職の手続きが終了するまで家で待つだけです。

お金の心配をせずに、安心して退職代行を利用したい場合はEXITがおすすめです。

5. 2回目の利用は1万円引き

もし、EXITを利用して退職した次の職場でも退職したくなった場合は、ネクストサポートとして1万円の割引を受けられます。

転職が当たり前の時代になった昨今では、次の職場も合わなくて辞めたくなることは多いです。相性のいい職場を見つけるためには、実際に働いてみないとわかりません。それに、あなたに合う会社を見つけるまでは2、3回の転職は必要でしょう。

初めから複数回の退職することを想定するなら、EXITだけを利用して1万円の割引を受ける方がお得です。退職する可能性が「絶対に今回の1回だけ」という方でない限りは、EXITの利用がいいでしょう。

6. LINEで無料相談できる

EXITでは、LINEで無料相談を24時間受け付けています。お堅いメールや直接会話する電話のではなく、気軽にコミュニケーションがとれます。

働いている時間帯は連絡できず深夜になって仕事を辞めようかと悩んでいる方でも、LINEで気軽にいつでも連絡できます。

まだ辞める気がなくても相談料が無料のため、悩んでいることを相談するためにLINEをすることも可能です。もし、相談から退職を決意した場合も、そのまま退職代行の手続きを行えます。

悩んでいるときは誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるため、まずはLINEの無料相談だけでもしてみましょう。

退職代行EXITのデメリット5選

退職代行EXITのデメリット5選

退職代行EXITを利用すれば即日退職も可能ですが、デメリットもあります。以下の5つのデメリットを把握しましょう。

  1. 退職代行費用がやや高い
  2. 退職癖がつく可能性がある
  3. 会社に対して後ろめたさが残る
  4. 有給を取れない可能性がある
  5. 残業代や退職金の請求ができない

退職代行EXITは民間で行われている退職代行であるため、一部請け負えない業務があります。利用するうえで上記の5点に注意しましょう。

それでは以下で詳しくご紹介します。

1. 退職代行費用がやや高い

EXITは退職業務を一律5万円で引き受けてくれますが、民間の退職代行の中ではやや高めの設定です。
追加料金がある退職代行よりはかからないことはありますが、5万円は費用がかかります。

退職代行の料金相場は3万円〜10万円といわれていますが、基本的に高額の価格帯のものは弁護士が担当しているサービスです。
もっとも高いという訳ではありませんが、民間企業への依頼5万円かかると考えると、価格の高さを感じる人もいるでしょう。

とはいえ、追加料金が一切かからないという点では、安心して利用できる退職代行です。

2. 退職癖がつく可能性がある

精神的に追い込まれて「いますぐ会社を辞めたい」と思う方には最適のサービスである退職代行ですが、利用しすぎると退職癖がつく可能性があります。

確かに退職代行は、辛いときにあなたの代わりに退職の手続きをしてくれる良いサービスです。しかしちょっと嫌なことがあると「退職代行を利用すればいいや」という気持ちになる可能性があります。これが続くと、どんどん辞めることに抵抗がなくなるでしょう。

本来、自分で退職手続きを行えばかなり面倒なため「次の会社は慎重に選ぼう」という心構えができます。

EXITに限った話ではありませんが、退職代行を利用することで退職癖がつくと「仕事は簡単に辞められる」という気持ちになります。退職代行を利用しすぎると、仕事に対する意識が低くなるので注意しましょう。

3. 会社に対して後ろめたさが残る

退職代行のメリットは二度と会いたくない上司や社員と会わずに即日退職できることですが、いままで勤めてきた会社とまったくやり取りをせず辞めることに後ろめたさが残ります。

あなたがパワハラ・セクハラを受けて辛い思いをしてきたとしても、会社のすべてが嫌になった訳ではないはずです。中にはあなたを助けてくれた先輩社員や心配してくれた同僚もいるでしょう。

退職代行を利用すると、あなたの味方だった先輩や同僚とも連絡を取らずに辞めることになります。

退職代行は即日退職できるメリットの反対に、誰にも連絡せずに会社を去る後ろめたさは残るでしょう。

4. 有給を取れない可能性がある

EXITで退職する場合は、有給を取れない可能性があります。なぜならEXITが民間の退職代行だからです。

あなたが有給消化したい場合に、EXITはその意志を会社に伝えることができます。しかし、会社側がこの申し出を断ったとき、有給を取らせてもらう交渉ができません。この行為を民間の退職代行がしてしまうと、非弁行為に当たるからです。

本来会社側が有給の取得を断ることもできませんが、民間の退職代行が有給の取得拒否を否定することもできません。そのため、あなたの会社によってはEXITでは有給を取れないこともあります。

5. 残業代や退職金の請求ができない

EXITに限らず民間の退職代行が残業代や退職金の請求はできません。請求に関しては法律に関わる業務のため弁護士の仕事です。弁護士がやる仕事を資格の持たない民間業者がする行為は「非弁行為」といって、法律で禁止されています。

非弁行為に該当する、民間の退職代行業者ができないことは以下のとおりです。

  • 退職金額の交渉
  • 未払いの残業代や給与の請求
  • 損害賠償や慰謝料の請求

もし、あなたに未払いの残業代があってそれを回収したい場合は、民間の退職代行ではできません。残業代を回収したい場合は弁護士が代行してくれる退職サービスを利用する必要があります。

EXITも非弁行為について理解しているため、絶対に残業代や退職金の交渉はしません。その点は法律を守る安心した業者とはいえますが、お金の請求をする場合は弁護士の退職サービスを利用しましょう。

退職代行EXITの評判・口コミ

退職代行EXITの評判・口コミ

退職代行EXITを実際に利用した人の評判と口コミをご紹介します。

メディアにも紹介される実績のある退職代行ですが、あなたの現状と照らし合わせてご覧ください。

おはようございます。

本日、退職代行exitを利用させていただき、無事に退職しました。

この退職代行について、
賛否両論あるとは思いますが。

ひとつだけ言えることがあります。

我慢して死ななくてよかった。

退職は悪いことじゃない。
新しい次への一歩だ。

出典:Twitter(https://twitter.com/ikarashi1985/status/1102360970448461825)

何ヶ月か前に退職代行EXIT使って仕事辞めた。スッキリしたけどこれで良かったのかなあ何て考えながら転職した。現状、神。辞めてから立ちくらみも目眩も耳鳴りも無くなった。人は幸せになる資格しかないのに辛い思いまでして働く事ない。以上

出典:Twitter(https://twitter.com/ster2i/status/1106500651435986944)

まじでEXIT使ったら嘘みたいに退職できたし、
有給2週間も取れたし上司の嫌なところも人事部に伝えられたし
会社を辞めれない人は5万払う価値あり︎︎︎︎✌︎

出典:Twitter(https://twitter.com/mikakotential/status/1199225586251468800)

会社に行くのが辛い人にとっては、即日辞められるEXITの評判は良いです。会社にいるときには気づきにくいですが、辛いと思っている人は精神的に追い込まれています。

退職代行EXITをおすすめできる人とできない人の特徴

退職代行EXITをおすすめできる人とできない人の特徴

退職代行はたくさんの業者が出てきていますが、その中でもEXITをおすすめできる人とおすすめできない人がいます。

以下ではEXITを「使うべき人の特徴」「使うべきではない人」の特徴をご紹介します。

それではご覧ください。

おすすめできる人の特徴

数ある退職代行の中でも、EXITの利用をおすすめできる人の特徴は以下のとおりです。

  • 通勤中に辛いと感じる人
  • 引き留めに合ったことがある人
  • 家に帰ると仕事のことを考えている人

常に会社のことを考えてしまい、いますぐにでも会社を辞めたい方はEXITを利用しましょう。深夜でもLINEでの対応をしてくれます。連絡したらすぐに手続きを開始してくれるため、即日退職も可能です。

相談するだけでも楽になるので、上記に当てはまる方はEXITのLINEに無料相談しましょう。

おすすめできない人の特徴

EXITの利用がおすすめできない人の特徴は以下のとおりです。

  • 有給をすべて消化したい人
  • 残業代や退職金をすべて回収したい人
  • 退職関係ですでにトラブルになったことがある人

民間企業が残業代・退職金額の請求をすることが非弁行為とされています。お金の交渉は法律に遵守して決められるため、弁護士にしか行えません。もし、民間の退職代行が非弁行為を行った場合、逆に会社から訴えられるというトラブルが起こる可能性があります。

また、EXITは受けた依頼に関しては退職率100%ですが、そもそも会社とトラブルを起こしている人の依頼は受けてくれません。EXIT自体もトラブルに巻き込まれないためです。

上記の状況の人にはEXITだけでなく、民間の退職代行の利用はおすすめできません。法律関係の交渉ができる弁護士の退職代行を利用しましょう。

退職代行EXITの利用手順3ステップを紹介

退職代行EXITを利用して退職するまでの3ステップは以下のとおりです。

  1. LINEなどで無料相談する
  2. 振込後に契約成立
  3. 退職の手続き開始

LINEで簡単にできますし、手順が少ないので気軽に連絡できます。

それでは以下で具体的なステップの内容をご紹介します。

1. LINEなどで無料相談する

EXITへ連絡して退職したい意思を伝えましょう。相談方法は以下の4種類です。

  1. メール(お問い合わせフォーム)
  2. 電話
  3. LINE(簡単)
  4. Twitter

混雑状況にもよりますが、相談は24時間対応しているため直ぐに連絡が返ってくるでしょう。連絡が返ってきて退職の話が進めば、以下の項目を聞かれます。

  • 会社の責任者の名前
  • 会社の連絡先
  • 退職希望日

まだ退職する気がなくても、相談しても大丈夫です。相談だけなら無料なので仕事に対して不安がある場合もLINEで連絡しましょう。

2. 振込後に契約成立

退職の意思が固まり退職日や退職の際に伝える内容が決まれば、振込をして契約成立です。あなたの振込が早ければすぐにでも退職の手続きが始まります。

サービス料金は雇用形態によってかわり、以下のとおりです。

  • 正社員・契約社員 :5万円
  • アルバイト・パート:3万円

EXITは退職にかかる費用が、この振込の金額だけです。ほかの退職代行は成果に応じて追加料金がかかる業者もありますが、EXITなら追加料金の心配をする必要がありません。

3. 退職手続きの開始

振込が確認されればEXITが退職の手続きを行います。あなたはEXITに支持された必要書類を用意して待つだけです。

また、依頼をして契約が成立した時点で、あなたは会社に行く必要がなくなります。これまで会社に行くのが辛くて仕方なかったあなたも、退職代行に依頼するだけで嫌な上司とも二度と会わなくてよくなります。

この際、EXITとは無制限にメールや電話でのやり取りが可能です。振込までしてしまえば、安心して家で待つだけで退職の手続きが完了します。

退職代行は違法?よくある5つの質問

退職代行についてよくある質問は以下のとおりです。

  1. 会社から連絡は来ない?
  2. 会社から退職を否定されない?
  3. 会社から訴えられることはない?
  4. 本当にトラブルにはならないのか?
  5. 非弁行為とはどういう意味?

法律に関することや会社とのトラブルについて不安になっている方は多いです。

それでは詳しい内容を以下でご覧ください。

1. 会社から連絡は来ない?

EXITから会社側へは本人に連絡しないよう伝えていますが、稀に本人へ連絡してしまうケースがあります。退職代行に会社からの電話を強制する力はないからです。

会社からすると急に辞めたあなたに直接話がしたくなって、連絡をしてくるのでしょう。しかし、辞めたあなたは会社とは無関係です。わざわざ電話に出る必要はないので安心しましょう。

基本的には電話がくるケースの方が稀ですが、もし電話が来ても落ち着いて対処しましょう。

2. 会社から退職を拒否されない?

EXITは数千件以上の依頼がある中で、退職できなかったことは一度もありません。

そもそも、労働者には退職する権利があります。むしろ会社側は、退職を拒否する行為自体が罪に問われるでしょう。

退職代行を利用して会社側に拒否されたとしても、あなたには労働者として退職する権利があります。会社に退職をいいにくくても退職代行を利用すれば確実に退職できます。

3. 会社から訴えられることはない?

退職代行を利用して退職したことを会社から訴えられることはほとんどありません。EXIT自身も実際に訴えられたことはないと公式でも明言しています。

「訴えるぞ」と脅してくる会社はあるようですが、実際に裁判を起こす場合はコストがかかります。会社があなたひとりのためにコストをかけて裁判を起こすことは割に合わないため、訴えられる確率は低いでしょう。

退職代行を利用しても、会社が時間とお金のコストをかけてまで訴えられることはありません。

4. 本当にトラブルにはならないのか?

今まで退職出来なかったケースはない(2021年10月現在)とされているので、EXITを利用したことが原因でトラブルが起こることは今後も低いでしょう。

ただし、一般論として以下のようなリスクはあることは覚えておくべきです。

  • 会社や親から電話が来る
  • 上司が家に押しかけてくる
  • 会社から「訴える」といわれる
  • 退職代行が非弁行為を行ってしまう

電話や上司がくることは退職代行には対応できませんが、無視ができれば問題にはなりません。また、会社から「訴える」といわれても、実際に訴えられるケースは少ないです。会社側にお金と時間のコストがかかるからです。

一番起こる可能性があるトラブルは「退職代行が非弁行為を行ってしまう」ことです。民間の退職代行が非弁行為を行うと法律違反となります。
退職の失敗は無いとはいえ、民間の退職代行である以上、今後も確実に非弁行為が起きないとは言い切れません。

したがって、非弁行為のリスクを減らすのなら「顧問弁護士名を明記している弁護士監修の退職代行」あるいは「弁護士が担当する退職代行」を活用することをおすすめします。

5. 非弁行為とはどういう意味?

非弁行為とは、弁護士資格を持つものにしか認められていない行為を弁護士以外の人が報酬目的で行うことをいいます。

しかし、退職代行が行う「退職を代わりに伝える行為」は弁護士資格を持っていなくてもできるため、非弁行為には問われません。退職代行がやると非弁行為となることは、以下の3つです。

  • 退職金額の交渉
  • 未払いの残業代や給与の請求
  • 損害賠償や慰謝料の請求

お金の請求については法律に則って金額が決められるため、弁護士資格を持っていないとできません。

あくまでも民間の退職代行が行える業務は、利用者の言葉を代わりに伝えるだけです。上記のほかにも、有給取得を依頼していないのに「代わりに有給消化させてあげようと交渉する」ことも行えません。

サービスの料金・他社との比較

サービスの料金・他社との比較

サービス名 料金 代行業者の区分 支払い方法
退職代行EXIT 5万円 民間 銀行振込・クレジットカード
退職代行Jobs 2.7万円 労働組合(弁護士監修) 銀行振込・クレジットカード・コンビニ決済 など
退職代行SARABA 2.5万円 労働組合 銀行振込・クレジットカード

知名度の高い退職代行サービスの料金・支払い方法を比較すると、EXITは少々料金が高めです。料金はやや割高ですが、NHKに取り上げられるなど信頼性は高いサービスには間違いありません。

退職代行には値段やアフターサービスなど、それぞれに特徴があります。あなたが利用する目的を考えて退職代行業者を選びましょう。

ほかにも「【比較】退職代行おすすめランキング!15社を徹底調査してみた」の記事で、数多くの退職代行会社が紹介されています。ぜひ参考にしてみてください。

24時間対応。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。